今まで1度も結婚したことのない50代、60代でも、真剣に婚活を始める人が年々増えている(写真:izolabo / PIXTA)

国立生活保障・人口問題研究所という厚生労働省の機関が、5年に1度、「生涯未婚率」を発表している。これは、50歳の国民の未婚率を算出したもの。なぜ50歳という数字なのかというと、“50歳で未婚の人は、将来的に結婚する予定がない”と考えることができるからだそうだ。

しかし、時代は変化している。今まで1度も結婚したことのない50代、60代でも、真剣に婚活を始める人が年々増えている。さらに、50代、60代の再婚希望者も増加の一途だ。

「これまで独身でいたのだから、これから先、他人と暮らすのは面倒」「1人のほうが気が楽」と思う人がいる一方で、「残りの人生をパートナーとともに過ごしたい」「経済的に、1人よりは2人で支え合ったほうがよい」と思う人もいる。また、老いていく親と自分の老いを重ね合わせたときに、「病気になったときに心細い」「孤独死するのは嫌だ」と考え、婚活を始める人もいる。

ただ現実をいえば、歳を重ねれば重ねただけ結婚は難しくなる。理由は、結婚または再婚を希望している人の数が、20代、30代、40代と年齢が上がるごとにどんどん少なくなっていくこと。またオーバー50の初婚者というのは、恋愛に不慣れな婚活新人が多く、お見合いから交際に入ったものの、具体的にどう恋愛し、結婚までのプロセスを進めたらいいのかわからないこと。一方、恋愛をしてきたオーバー50は、お相手選びの理想が高く、“選ぼう”としている相手からは“選ばれない”ケースがとても多いからだ。

恋愛はできるが、結婚はできない


この連載の一覧はコチラ

1年間婚活をしてきた吉井由美子(51歳、仮名)を見ていても、50代の婚活の難しさを痛感させられた。由美子は現在医療関係の会社で事務職をしているが、大学時代は読者モデルをしていたというだけあって、スレンダーな美人だ。ファッションも髪型もおしゃれで、年齢よりもグンと若く見える。

20代の頃は、華やかな恋愛をたくさんし、30代前半では婚約した男性もいた。両家のあいさつを済ませ、2人で住むマンションも決め、結婚の準備を着々と進めていた矢先に、自営業だった彼の実家が倒産。彼自身が莫大な借金を背負ってしまった。

「結婚は運命共同体。私は、一緒に乗り切る覚悟でいました。でも、彼が現実に押し潰されて、うつ病になってしまった。『今結婚を考えるのはつらい。婚約解消をしてほしい』と言われたんです」

その後、38歳のときに友人を介して知り合った男性と1年ほどお付き合いした。彼から、「一緒に住まないか」と言われた。彼女はそれが“結婚”を意味するのだと思っていたら、彼は“結婚”ではなく“同棲”を望んでいた。

「39歳で同棲をしたら、そのまま籍を入れずにズルズル関係が進みそうだったし、“同棲はいいけど、結婚はダメ”というのは、私の中では納得できなかった。どこか責任逃れをしているような感じがしたんです。『結婚できないなら別れましょう』と、関係を解消しました」

“恋愛と結婚は違う”とはよく言うが、由美子は、恋愛から結婚の段になると、なぜか話がおじゃんになり、“恋愛はできるが、結婚はできない”ままに歳を重ねてしまった。決して高望みしているわけではなく、等身大の相手と恋愛をしているのに、結婚話が出ると先に進まなくなる。なにかアクシデントが起こる。恋愛をしてきたのにいまだ独身の50代は、ほとんどがこのパターンではないだろうか。

50代がパートナーに求めるもの

また50代の婚活が難しいのは、男女それぞれ、相手に求める要求があまりにも食い違っているところにもある。

これは、30代後半、40代にも言えることなのだが、女性はできるだけ自分に歳の近い男性を結婚相手に求めている。または、「年下でもいい」という。対して男性は、できるだけ若い女性を求める。ただ、近年の傾向でいうと、男性の収入がそれほど高くなければ、女性にも働いてほしいので、「同世代もしくは年上でもいい」という人も増えている。

ところが50代になると、たとえ収入が低くとも、「年上の女性でもいい」という男性はまずいない。一方、50代で年収がよい男性の中には、「最後に子どもが欲しい」と思っている人が出てくる。

前回の記事(43歳男性「子供が欲しい」で始めた婚活の結末)にも書いたが、年齢が上がれば妊娠する確率が低くなる一方で、流産する確率や染色体異常などのリスクは高くなる。しかしながら、女性が40代で出産するケースがあるように、男性の場合は50代、60代で父親になっているケースがある。芸能人カップルのそうした事例が華々しく報道される昨今、“リスクはあるかもしれないが、自分だけは大丈夫!”と思っている人が多いのではないだろうか。また実際、私が仲人を務める結婚相談所の50代男性会員は、真剣に子どもを望んでいるので、先日ブライダルチェックを受けてきたという。

さて、由美子だが、入会してから積極的に婚活を始めたが、最初は苦戦続きだった。年下男性からのお申し込みは皆無で、彼女に申し込みをかけてくるのは、50代、60代。その中でも子どもを望んでいない男性だ。そこでまず候補者が絞られる。一方、由美子のほうは男性の年齢を“60歳まで”と切っていたので、さらに候補者の数が少なくなる。

そんな中でお見合いを繰り返していき、最初の2カ月間は、自分が気に入った相手からは“お断り”され、お断りしようと思っていた相手からは“交際希望”が来る。お見合い後交際に入ったとしても、1度か2度会うと“交際終了”になってしまうという、お見合いあるあるの状況が続いていた。

ところが3カ月くらい活動した頃、58歳バツイチの会社経営者で条件も見た目も申し分のない男性が現れた。お見合いを終えた後に、弾むような声で電話をかけてきたのを今でも覚えている。

「今日のお相手の方、とんでもなくすてきな人でした! 見た目も若々しかったし、お話も楽しかった。私は交際希望を出します。お相手も出してくださるといいなあ」

すると、相手からも交際希望がきた。

交際がスタートしてからも順調で、1カ月後、由美子からまた弾んだ声で、電話がかかってきた。

「吉野さんが、“先週マンションの部屋を断捨離した”っておっしゃったんですよ。“マンションには別れた妻のものがまだ残っていたから、由美ちゃんにいつ来てもらってもいいように、それを全部処分したよ”って。今住んでいるマンション1棟がご自身の持ちものなんですって。違うフロアに、社会人の娘さんと大学生の息子さんがそれぞれ住んでいらして、 “今度紹介するよ”ともおっしゃってくださいました」

またそれから間もなくして、こんなことも話してくれた。

「この間、2人でお食事をした後に、Blue Noteに行ったんです。ジャズの生演奏を聞いている間中、吉井さんが私の手をずっと握ってくださっていて、すごく幸せな時間でした」

毎日のようにきていた連絡が…

その話を聞いて、“これは結婚まで進んでいくだろうな”と思っていた。ところがその数週間後、吉野の父が脳梗塞で倒れた。そこから毎日のようにきていた連絡がパタリとこなくなった。

「1週間前に私から入れたメールの返事がこないんです。会社と病院の往復で、お忙しいだろうし、状況が状況だけに、私からうるさく連絡を入れるのもどうかと思って、メールは入れないようにしているんですけど」

声が沈んでいて、寂しそうだった。

と、その2週間後に、吉野の相談室から「交際終了」の連絡が来た。

彼からのメールをずっと待っていた由美子に、交際終了を伝えるのは酷だと思ったが、伝えないわけにはいかない。

私は、由美子の会社の昼休みの時間を狙ってメールを入れた。

「吉野さんの相談室から“交際終了”が来たんだけど、少し電話で話す?」

すると、こんな返信がきた。

「今話したら泣いてしまうかもしれないので、少し気持ちを落ち着かせて、私から夜電話を入れてもいいですか?」

由美子のショックが伝わってきた。

その日、私が吉野の相談室に“交際終了”の理由を尋ねると、「父親の介護が始まり、自身の結婚を考える余裕がなくなった」とのことだった。それが、本当の理由なのかどうかはわからない。介護が始まったときこそ、パートナーの助けが必要だからだ。もしかしたら元妻が、介護のちょっとした手助けをしたり子どもたちの世話を焼いたりと、夫婦の関係は解消していても家族としてのかかわりを持つようになったのかもしれない。またもしかしたら、由美子のほかにも見合いをした相手がいて、最終的にその女性を選んだのかもしれない。

真意はわからないが言えることは、吉野は由美子を結婚相手に選ばなかったということだ。

1つの交際が終わって傷ついているときこそ、間髪いれずに次のお見合いをしたほうがいい。“日にち薬”よりも“恋の上書き”。そのほうが、早く傷が癒える。また50代は、感傷に浸っていたら時間がもったいない。

そこから由美子は、再度申し込みをどんどんかけ、月に2、3本のお見合いを繰り返していったのだが、なかなかいいご縁に恵まれなかった。

そんなときに、高瀬慶彦(54歳、仮名)からの申し込みがあった。年収は平均以上、有名大学を卒業し、都内の一等地に持ち家がある。条件は悪くない。見た目は地味だったが、顔立ちからまじめで誠実な様子が感じ取れた。

高瀬とのお見合いを終えた由美子が言った。

「私はこれまで、女性をグイグイ引っ張っていってくれる男っぽい人が好きだったけれど、そういう人には選ばれなかった。高瀬さんは、これまで好きになった人とはタイプが違うけれど、お話ししたら穏やかで誠実そうな方なので、交際希望を出してみようと思います」

高瀬からも交際希望が来て、2人は交際することとなった。ところがメールが来るのは1週間に1度。そのメールでデートの日にちと場所を決めてデートをすると、また1週間メールが途絶える。

「メールがまるで業務連絡のようなんです。私、素朴な疑問で“高瀬さんって、これまで女性とお付き合いしたことがあるのかな”って。それで、聞いてみたら、『付き合ったことはある』って言うんですけど、これまでの人生の中で、女性に1度も、『付き合ってください』と言ったことがないんですって。『じゃあ、どうやって交際が始まるんですか?』と聞いたら、『なんとなく始まって、会わなくなったら終わっている。気がついたら女性がいなくなっていることもある』っておっしゃるんですよ」

結婚って、なんなんでしょう

この話を聞いたとき、こんな調子では結婚まで進んでいかないだろうと心配していた。ところがお付き合いから3カ月経った頃、高瀬の相談室から電話がきた。

「昨日、高瀬から吉井様と結婚に向けて真剣交際に入りたいと連絡があったのですが、吉井様はいかがでしょうか?」

私は、相談室からの電話に驚き、すぐに由美子に連絡を入れた。

「実はその話、この間のデートのときにされたんです。『結婚を前提にということを相談室に言います』って。 “それって相談室に言う前に、まずは私に言うことじゃないの?”ってツッコミたかったけど、これまでの彼の言動から、いっぱいいっぱいなんだろうなと思ったので、『わかりました』と答えたんですね。そしたらその日、『まあ、実際どうなるかは、わかりませんけどね』って。その言葉を会話の端々で何度も言うんですよ。この方、本当に私との結婚を考えているのかどうか疑問になりました。悪い人ではないと思うけれど、心の中が見えない」

さらに、この“結婚を前提に”の話をしてから、2週間メールがまったくこず、その後また業務連絡のようにメールがきて、2人で箱根の温泉に日帰りで行くことになったそうだ。温泉では、男湯と女湯に別々に入り、食事をして帰ってきた。付き合うようになって5カ月になるが、お互いを、“高瀬さん”“吉井さん”と呼び合い、です、ます調で話し、手をつないだこともない。

「もういい年なんだからほれた腫れたと言ってる場合じゃない。好きとか嫌いという気持ちを優先させるよりも、穏やかで平和な家庭生活ができる人にお相手選びをシフトさせたほうがいいと思っていました。だけど、“それでいいのかな?”って、最近すごく疑問なんです。じゃあ、“相手にばかり任せていないで、私が積極的にこの結婚話を仕切っていけばいいのでは”とも考えたけど、彼をムチャクチャ好きなわけでないから、その情熱もわかない。結婚って、なんなんでしょうね。私自身がよくわからなくなってきました」

由美子は、大きなため息をついた。

結婚を決めるには、どこか思い切った決断が必要になるのだが、オーバー50になると、これまで積み重ねてきた人生経験が無鉄砲に突き進むことに歯止めをかけてしまう。再婚者に至っては、元の家族とのしがらみ(財産問題や子どもからの反対)もある。また若い頃に比べて、お互いを異性として求める情熱がなだらかになっていることも否めない。

50代の結婚は、やっぱり難しい……。