ラスベガス・サンズは10月7日、東京都内のホテルでエグゼクティブを招いたパーティーを開いた。

レッドカーペットには、元サッカーイングランド代表のデビット・ベッカムや元イーグルスのジョー・ウォルシュのほか、宮本亜門(演出家)、齋藤工(俳優、モデル、歌手)、レスリー・キー(写真家、映画監督)、ライアン・チャン(写真家)、龍真咲(舞台女優)、ネイサン・ハルトノ(歌手)、宮崎大祐(映画監督)、遠藤新菜(女優)、トッド・ポーター(FabCafe共同創立者)、パトリック・カニンガム(プロデューサー)、安美佳(モデル)らが出席した。

パーティに先立ち行われたプレスカンファレンスでは、統合型リゾート(IR)の日本での解禁を見据えたもので、日本のエンターテインメント業界にもたらす影響についてパネルディスカッションを行い、大型エンターテインメント施設の必要性をアピールした。■関連記事ラスベガス・サンズ、プレスイベント開催 デビット・ベッカム氏や元イーグルスのジョー・ウォルシュ氏来日