レナ・ニトロさんの名前と公式サイトを胸スポンサーにしたオーベルヴュルツバッハのユニホーム。早くも批判の矛先が…。画像はツイッターより

写真拡大

 さすがに前代未聞だろう。ドイツ6部リーグ(実質アマチュア)のオーベルヴュルツバッハが、新シーズンに向けてポルノ女優と胸スポンサー契約を締結。彼女の名前と公式ホームページのアドレスをユニホームに入れたのだ。イングランド『ForForTwo』誌のWEB版が、ドイツ『ビルド』紙の情報を元に伝えている。
 
 ドイツ人のポルノ女優、レナ・ニトロさん(30歳)と胸スポンサー契約を結んだオーベルヴュルツバッハ。ディレクターを務めるトルステン・ネルツは、その理由をこう明かす。
 
「ウチは本当におかしな人間が揃ったチームでね(笑)。監督とキャプテンと一緒に、新シーズンに向けてクレイジーなことがしたいと話し合っていた。それで、文字通り本当にホットなスポンサーが必要だということになったんだ」
 
 その後、オーベルヴュルツバッハはニトロさんにコンタクト。わずか2日後には契約締結に至ったという。すでに新ユニホームの写真撮影も終えており、「刺激的なアイデアを受け入れてくれた彼女は本当に素晴らしい女性さ」とネルツ氏は語る。
 
 しかし、サッカーチームのユニホームは、大人はもちろん子供も購入するし着用するもの。ポルノ女優の名前と公式アドレスが、子供たちに悪影響を及びさないかという懸念に対して、ネルツ氏は次のように語った。
 
「ウェブサイトを訪問した人がアダルトコンテンツにアクセスするには、年齢確認ありの登録をしてパスワードを取得する必要がある」
 
 しかしそれでも、モラル的な問題は否めない。ForForTwo誌も「このユニホームを子供たちが買う姿は想像もしたくない」と断じている。
 
【PHOTO】「美人すぎる」、「セクシーすぎる」フットボーラーの妻&恋人たち