アウトドアファニチャーを得意とする〈OUTSIDE IN〉の「ステンレス ファイヤーストーブ」です。

素材はすべてステンレス。持ち運び時は厚さ約2cmに。専用の帆布ケースにすっぽり収まります。

工具ナシで簡単に組み立てられて、専用の網を上に乗せればBBQグリルに。

コンパクトに見えますが、ヤカンなら2つ並べて余裕で置けるし、大きめのフライパンを乗せて調理できるぐらいのサイズ感。使いやすいです。

と、ここまでは機能面の話。一番のグッドポイントは、ステンレス板の加工にあります。

見ての通り、キャンピングカーやウハートマーク、ドングリや木の葉のカタチに切り抜かれていて、いざ火を入れてみると、それぞれのモチーフが影絵のように浮かびあがってきます。これがアウトドア気分を盛り上げてくれるんですね。

スペックじゃなくて、火の見せ方の部分で遊びや個性のあるファイヤーストーブって珍しい。選ぶ価値アリ、だと思います。

オンラインショップで購入可能です。 

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。