ミラン戦で負傷のローマMFストロートマンが左大腿四頭筋周囲の挫傷と診断

写真拡大

▽ローマは4日、オランダ代表MFケビン・ストロートマンの負傷を発表した。

▽ストロートマンは1日に行われたセリエA第7節のミラン戦に先発出場したが、30分に筋肉系のトラブルを抱え、自らベンチに交代を要求。ペッレグリーニと交代していた。

▽その後、ロシア・ワールドカップ欧州予選のベラルーシ代表戦(7日)とスウェーデン代表戦(10日)に向けた、オランダ代表に選出されていたストロートマンだが、代表には合流せず、トリゴリアでの検査に臨んだ。

▽クラブの発表によれば、ストロートマンは4日に検査を実施。この結果、左大腿四頭筋の周囲に挫傷があると診断された。なお、ストロートマンは、すでにリハビリプログラムを開始していると、ローマは併せて発表している。