4日、中国の動画サイト・西瓜視頻に掲載された男子トイレの動画が74万回もの再生回数を記録している。資料写真。

写真拡大

2017年10月4日、中国の動画サイト・西瓜視頻に掲載された男子トイレの動画が74万回もの再生回数を記録している。

この動画に状況を説明するナレーションや字幕はなく、高速道路のサービスエリアで国慶節(建国記念日)シーズンに撮影されたことがタイトルで紹介されているだけだ。

冒頭に映し出されるのはドアが閉まった個室の前に立つ女性の姿だが、カメラが旋回すると他の個室の前には女性の方を意識している若い男性の姿や小便器で用を足す男性らの姿が見える。男女共用のトイレということではなく、どうやら女子トイレが足りずに女性が男子トイレになだれ込んできているようだ。別のトイレとみられる映像には、「高速道路の男子トイレ占領」の文字が添えられ、男性の数をはるかに超える女性が個室前で順番待ちをしている様子が映っていた。

国慶節連休は中国の一大旅行シーズンで、今年も数多くの人が国内外の観光地に押し寄せている。ただ、そこで問題になるのがトイレだ。この動画を見たネットユーザーからは「女性のトイレには長い列ができるからな。気持ちは理解できる」という声が上がる一方、「もし男性が女子トイレに行ったらどうなるんだろう?」「ここ数年の最も大きな変化は、女性がますます恥じらいというものを失ってきたということ」「男性は訴えを起こすべき。女性によるセクハラだ!」などのコメントも寄せられている。(翻訳・編集/野谷)