日本代表GK川島永嗣(メス)

写真拡大

 代表に招集されない時期もあった。しかし、日本代表GK川島永嗣(メス)はW杯予選終盤に正GKの座を再びつかみ取り、6大会連続の本大会出場に大きく貢献した。だが、「W杯で誰がピッチに立つかは誰にも分からない」と決して慢心することなく、日々成長を遂げていこうとしている。

 10年南アフリカ大会、14年ブラジル大会に正GKとして出場した川島。来年のロシアW杯でピッチに立てば3大会連続出場となり、98年フランス大会と06年ドイツ大会でゴールマウスを託されたGK川口能活、02年日韓大会で正GKを任されたGK楢崎正剛をしのぐ数字に。しかし、日本サッカー界を長らくけん引してきた2人の偉大なGKは「自分の中ではまだ超えられた存在ではない」とキッパリと話した。

「能活さんもそうだし、ナラさん(楢崎)もそうだし、自分の中ではまだ超えられた存在ではない。今やっと、出会った頃のナラさんに近付けたかなと思えるくらい」

 W杯本大会に向けてリスタートを切る日本代表。約9か月間のサバイバルレースが始まる。「サッカーの世界で、一日で何かが変わるのは日常茶飯事。何か保証があるわけでもなく、何が起きるか皆分からない」と安泰な立場にいるわけではないと強調すると、「僕は一人の選手として監督にアピールしていくしかない」と気を引き締め直した。

 今回招集されたメンバーでは最年長となるが、「成長期だとしか思っていない」と笑った34歳は、「この代表の中での競争に勝っていかないといけない気持ちだし、もっと成長していかないといけない」とさらなる進化を誓った。

(取材・文 折戸岳彦)