シャルケのレギュラーとして活躍しているゴレツカ photo/Getty Images

写真拡大

今季のブンデスリーガ第7節終了時点で、6試合に先発出場を果たしているMFレオン・ゴレツカ(22歳/ドイツ代表)。2013年より在籍するシャルケでレギュラーの座を確保しているほか、今夏に行われたコンフェデレーションズカップのオーストラリア代表戦で代表初得点を挙げるなど、着実に成長を遂げている。

マンチェスターの2クラブ、アーセナル、リヴァプール、バルセロナ、及びバイエルン・ミュンヘンが獲得レースに参戦するなか、マンチェスター・ユナイテッドが交渉の主導権を握ったことが、英『THE Sun』で明らかに。かねてよりバルセロナへの移籍を希望していることが各メディアで報じられた同選手だが、同クラブのスカウト部門の責任者であるアリエド・ブライダ氏が同選手獲得の噂を否定。「我々は世界中を飛び回って才能豊かな選手の獲得を目指しているが、(現時点で)彼はバルセロナでプレイできる水準に至っていない」というブライダ氏のコメントが同紙に掲載されるなど、バルセロナへの移籍の可能性が消滅しつつある状況だ。また、マイケル・キャリックの後釜の確保を目論むマンチェスター・ユナイテッドがいち早く諸条件の提示に踏み切ったことが同紙内で明かされるなど、同選手のマンチェスター・ユナイテッド移籍への気運が高まっている。

長短を織り交ぜたパスで攻撃を組み立てるだけでなく、トリッキーなドリブルで局面を打開するスキルに定評があるゴレツカ。来夏でシャルケとの現行契約が満了となるが、どのような決断を下すのだろうか。