サンゲツ 壁紙、床材で「2017年度グッドデザイン賞」受賞

写真拡大

 (株)サンゲツは、黒板壁紙「Blackboard(ブラックボード)」と繊維系床材「FLOTEX(フロテックス)」において、「2017年度グッドデザイン賞」(主催:(公財)日本デザイン振興会)を受賞した。

 「Blackboard」は、黒板のようにチョークで絵を描いたり、文字を書いたりできる壁紙。壁紙がコミュニケーションツールとなるだけでなく、「フィルム汚れ防止・抗菌」や「表面強化」などの機能も持ち、お手入れがしやすく、室内を美しく保つことができる。クロスのバリエーションが広がる点が高く評価された。

 また「FLOTEX」は、繊維床材の歩行感と塩ビ床材の優れたメンテナンス性を併せ持つ新しい床材で、静電気と接着剤を利用した超高密度なパイル構造により、汚れが奥まで入りにくく、メンテナンス性を高めている。今回は、汚れが内部に入りにくく表面の汚れも水拭きやブラシで落ちやすく清掃性に優れている点が評価され受賞となった。

 なお、「Blackboard」は、特定非営利活動法人キッズデザイン協議会が主催する「第11回キッズデザイン賞」においても「子どもたちの創造性と未来を拓くデザイン部門」で受賞している。