大迫勇也【写真:Getty Images】

写真拡大

 日本代表は4日、キリンチャレンジカップ2017のニュージーランド戦に向けて練習を行った。

 大迫勇也は、親善試合も無駄にしない考えを示した。ロシアW杯出場を決めて迎える最初の試合を前に、「しっかりとした準備をして目の前の1試合にしっかりと臨むことが大事」と言う。

 最前線での安定したポストプレー、ゴール前での決定力などハリルジャパンに欠かせない選手である大迫。しかし、本人は主力としての意識は持っておらず、「ただ自分が出てやるべきことをしっかりやること、やり続けることが大事だと思う」と述べた。

 W杯本大会で結果を残すには、「完成度を上げることが一番だと思う」と話し、こう続けた。

「自分たちが時間帯によってどう臨機応変にプレーできるかを考えないといけないと思うし、相手のレベルが上がってきた時にどこまで僕らが対応できるか。楽しみではあります」

 チームのレベルアップのためには、大迫の言葉通り目の前の試合を全力で戦うことが重要だ。今シリーズは親善試合だが、実のあるゲームにする必要がある

「予選の様なプレッシャーというか、緊張感というのはなくなることはあると思う。ただ僕らには目標があるわけで、その目標を達成するために取り組まないといけない」

 大迫自身、ストライカーとしてさらに向上する意思を持っている。

「もっともっと自分を出していくべきだと思うし、ゴールに向かっていくことをもっともっと出していかないと通用しないなと思うので、これから楽しみですけどね」

 まずはニュージーランド戦で力強いパフォーマンスを披露したいところだ。

(取材:元川悦子、文・構成:編集部)

text by 編集部