Image: machi-ya

クラウドファンディングサイト「machi-ya(マチヤ)」にて、ヒーター内蔵のスポーツウェア「POLAR SEAL(ポーラーシール)」のキャンペーンがスタートしました。

モバイルバッテリーを接続することでウエア自体を暖めることができる画期的な商品で、米国のKickstarterでは6000万円以上を調達して注目を集めました。内臓のヒーターは標準的なバッテリーで8時間程度の連続使用が可能で、軽量性、柔軟性、通気性、耐水性に優れる素材を使用しています。

背中に2つのヒーターを内蔵

Image: machi-ya

背中の上下2箇所に内蔵されたヒーターは、両方同時に加熱することも、片方だけ加熱することもできます。袖口のボタンで温度調節も簡単です。

ワンタッチで温度を調節

Image: machi-ya

温度は40℃、45℃、50℃の3段階で、2つのヒーターの温度を個別に調節可能。ボタンの色で設定温度もひと目でわかります。

また、コントロールボタンは手袋を着けたままでも操作ができるので、スキー場のリフトやゲレンデなど、どこにいても手袋を外さず気軽に温度を調節することができます。

標準的なモバイルバッテリーで8時間稼働

Image: machi-ya

標準的な10000mAhのバッテリーを使用した場合、2つのヒーターをともに最高温度に設定しても、8時間の連続使用が可能です。1日中寒さを感じることなく、ウインタースポーツを楽しめます。

もちろん洗濯も可能

POLAR SEALが画期的なのは、ヒーターは内蔵しているのに、バッテリーは内蔵していない点です。ユーザーがすでに持っているモバイルバッテリーを充電して、それを携帯しながらPOLAR SEALに接続することで、暖めるための電源を供給する仕組みとなっています。ウエアそのものにバッテリーが内蔵されていないということは、洗濯ができる、ということ。IoT製品にありがちな洗濯の問題をスマートに解決しています。

POLAR SEAL(ポーラーシール)はクラウドファンディングサイト「machi-ya(マチヤ)」にて1着23,900円(税込・送料込)、男女それぞれ限定5着の特別早期割引が19,800円(税込・送料込)となっています。最新のIoT製品と言えるこちらの商品、ぜひ下のリンクよりキャンペーンページをチェックしてみてください。

>>「POLAR SEAL」の支援はこちらから

Image: machi-ya
Source: machi-ya

(伊藤貴之)