メッシとネイマール photo/Getty Images

写真拡大

ネイマールとリオネル・メッシは昨季までチームメイトだったが、今季からネイマールはパリ・サンジェルマンの選手になった。そのためか、2人のスタッツがこれまで以上に注目を集めているようだ。

スペイン『MARCA』が注目しているのは2人が得意とするドリブルのスタッツだ。ネイマールはPSGでも相変わらずドリブルを仕掛け続けており、自身のテクニックを見せつけている。一方のメッシもネイマールがいなくなった影響か、今季は積極的に仕掛けるプレイが増えている。

ここまでネイマールはリーグ・アンで72回ドリブルを仕掛け、46回の成功数を記録。この成功数は欧州5大リーグでプレイする選手の中では現時点でトップだ。それを追うのがメッシで、メッシは68回仕掛けて成功したのは42回だ。成功率はネイマールが63・8%、メッシが61・7%となっている。

ただし、成功率では2人を上回る選手が存在する。リヨンFWナビル・フェキルだ。フェキルはここまで50回仕掛けて35回の成功数を記録。この成功数は2人に次いで3番目の数字だが、成功率は70%に達する。

それに続くのが26回成功のユヴェントスFWパウロ・ディバラ、アトレティコ・マドリードFWアントワーヌ・グリーズマンとなっている。今のところ成功数ではわずかにメッシを上回ってネイマールがトップだが、この数字は最後まで注目を集めることになるだろう。回数だけで全てを判断するのは難しいが、2人は世界トップクラスのドリブラーだ。果たして今季のドリブルキングに輝くのはどちらか。