日本代表MF香川真司が週末のブンデスリーガ第7節アウクスブルク戦で決めたゴールが話題だ。1-1で迎えた23分、相手のミスから前線でボールを奪ったドルトムントがパスをつなぐと、香川がそれを鮮やかなタッチでゴールへ流し込んだ。

 

まるで時間が止まったようなループシュート! 現地メディアが「カガワによる偉大なる芸術(Ruhr Nachrichten)」「夢のようなゴール!完全なるワールドクラス(Bild)」と称賛したこのスーパーゴールにより、試合はドルトムントが2-1で勝利。2位との勝点差を5ポイントへと広げている。

 

香川は同じく先発した9月20日のハンブルガーSVでも1ゴールを記録しており、リーグ戦先発出場は2試合2得点。定位置確保、さらに今月の日本代表戦に向けてかなりのアピールとなったに違いない。

 

そんな香川について、駐日ドイツ大使館が先日おもしろい企画を行ったことをご存知だろうか?

 

ハンブルガー戦での今季初ゴールを記念して実施されたのは、ユニフォームのプレゼント企画。同アカウントをフォローしたうえで、「写真に面白い一言」を付け加えて返信すると、そのなかのひとりに香川のサイン入りユニフォームがプレゼントされるという。シンプルがゆえになかなか難しいお題だ……。

 

ただ、たくさんの応募があったようで企画としては大成功の様子。出題ツイートへのリプライを見るだけでも、様々な回答が寄せられているようだが、果たしてどんな作品が選ばれたのか……。今後も色々なキャンペーンを行っていくとのことなので楽しみにしたい。