注目のピアニストとユーフォニアム奏者が人工知能と共演! 人間と合奏できるヤマハの「人工知能合奏技術」

写真拡大

人工知能(AI)と合奏ができる時代がすぐそこまで来ている。ヤマハが開発中の「人工知能合奏技術」が10月27日(金)から29日(日)にかけて「デジタルコンテンツEXPO 2017」に出展。「みらいのアンサンブル」をテーマに、バーチャル合奏が体験できる演奏支援アプリ特別版の展示が行われるほか、「人工知能合奏技術」を駆使して、自動演奏機能付きピアノなどが人間との共演に挑戦するライブステージも披露される。

今回出展される「人工知能合奏技術」は、「バーチャルな演奏者との合奏」という新しい音楽の楽しみ方を実現するために、ヤマハが現在開発を進めている技術。人工知能を用いて人間の演奏をリアルタイムに解析し、その演奏特有のテンポ感やタイミングのゆらぎを瞬時に導き出す。自動演奏機能付きピアノや音源と連動することで、人間と息の合った合奏が可能となる。

想定される用途はさまざま。たとえば、過去の偉大な演奏家との共演を自宅で楽しんだり、バーチャルな音楽教師が演奏をレクチャーしたり、演奏会で足りないパートを補ったりといった具合。楽器プレイヤーにとっては、かなり夢が広がる技術だ。

「みらいのアンサンブル」展示は、「バーチャル合奏体験」と「人間×AIによるライブステージ」で構成。概要は以下のとおり。

■バーチャル合奏体験(1Fコミュニケーションロビー 展示ゾーン ヤマハブース)

人気のアニメ作品「響け!ユーフォニアム」の世界を追体験できる楽器演奏支援アプリ「ふこうよアンサンブル」の特別版アプリを展示。この特別版には、「人工知能合奏技術」が搭載されており、人間が演奏するとAIがそれに合わせて伴奏し、合奏の状況についてリアルタイムにコメントする。会場では、劇中曲「愛を見つけた場所」の二重奏をユーフォニアムもしくはトランペットで体験できるコーナーと、「きらきら星」の合奏をキーボードで体験できるコーナーを用意する。

■人間×AIによるライブステージ(7Fイノベーションホール)

「人工知能合奏技術」を駆使して、人間とAIによるピアノ連弾と、ユーフォニアム二重奏・四重奏を披露。ピアノ連弾では人気のピアニスト「紅い流星」と「よみぃ」のそれぞれと、ユーフォニアム二重奏・四重奏では気鋭のユーフォニアム奏者「今村耀」と共演する。ライブステージは30分の入替制で、ピアノ連弾とユーフォニアム合奏でローテーション。公式サイトでは、ライブステージの事前予約も行える。