毎日の洗濯物は、外でカラッと乾せればよいのですが、お天気や帰宅時間の都合で部屋干しや浴室乾燥にすることもあります。とくにこの時期は天候が安定せず、なかなか外干しできなくてイライラしてしまうことも多いかもしれません。そんなときは、100円グッズを使って、少しでも手間や時間を省いてみませんか?干す&洗うストレスを解消する、100円の便利アイテム

ここでは、自身も3人の子どもたちを育てていて、「毎日の洗濯が欠かせない」というライフオーガナイザーの佐藤美香さんに、あると便利な100均の洗濯グッズを紹介してもらいました。教えてくれたアイテムは、どれも佐藤さんが日々使っていて、「頼れる」と感じているものばかりです。●あとちょっと干したいときに便利!


雨の日が続いてしまうと、浴室乾燥を使っても干しきれないことがありますよね。あと数本、ハンガーをかけることができたら…。そんなときには、シャワーホルダーに取りつけられる「ランドリー洗濯フック」が便利です。「干す部分の間隔は短いですが、山の部分と穴の部分があるため、ずらしてかけることができます。干すものの厚みやハンガーの高さなどで調整できるので使いやすいんです。角度も自由に変えられるので、便利ですよ」。●ハンガー干しできないものは、ハンガーの下のスペースを活用


丈の短い衣類を干した下のスペースも、佐藤さんは100円グッズを使って有効活用しています。「ピンチハンガーと4段かけられるフックを組み合わせれば、フック部分に靴をかけたりできます」。ちょっとしたすき間も、100円グッズを使えばムダなし!●すべり落ちず、型崩れもしない!通風効果も


ニットなど、型崩れが気になる衣類を干すときに便利なのが、すべり止めハンガー。


「すべり止めがついているだけでなく、ふくらみがあるので、脇の下などの乾きにくい所にも風が通りやすいんです。乾燥時間が短縮できますよ。子どものプール用の輪になったタオルなどを干すのにも使っています」。


型崩れを防止するハンガーは収納時かさ張るものが多いのですが、重ねて収納することができ、スペースを取らないのもうれしいポイントです。●ちょっとした汚れには洗濯板を


小さい子どものいるご家庭では、食べこぼしなどのちょっとした汚れものも多いですよね。「漂白するほどでもないような小さな汚れには、小さな洗濯板を使うのがおすすめ。洗面所でさっと洗って、そのまま洗濯機にインするだけなので、お手軽です」。


ブラシと洗濯板がセットになっており、使わないときは板の上方にブラシをはめ込むことができます。「どちらか一方が見つからないなんていうことがなくてすみ、洗濯板ごとぶら下げて乾燥させられるのもいいんです」。

洗濯物がなかなか片づかないのは憂うつなもの。手軽にそろう100円ショップのアイテムを賢く使って、少しでも効率的に洗濯したいですよね。台風シーズンの到来で、これから部屋干しの機会が増えると思います。ぜひ試してみてください!

●教えてくれた人
【佐藤美香さん】
夫と長女(中2)、二女(小5)、三女(1歳)の5人家族。整理収納アドバイザー、ライフオーガナイザーの資格を生かしてイベントや講座などを行っている。ブログ「楽しく分かりやすい収納」でも、収納アイデアなどを紹介。