インド南部ハイデラバードで、同国の国旗の前で自分撮りする女性たち(2017年8月14日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】インド南部カルナタカ(Karnataka)州で3日、橋の線路上で自分撮り(セルフィー)をしていた学生3人が急行列車にひかれて死亡した。インドでは自分撮りを試みた人が死亡する事故が後を絶えない。

 地元警察によると、3人は同州ビダディー(Bidadi)にある鉄道橋上で自分撮りをしていたところ、列車にはねられたという。AFPの取材に応じた鉄道警察の警官は「線路上で3人の切断遺体を発見し、捜査に着手した」と述べた。

 警官によると3人は土手にバイクを止め、高さ約30メートルの橋の中央部へと歩いて行き、写真を撮影していたという。
【翻訳編集】AFPBB News