体の中でも、手は何かと酷使されやすい部分です。だから手の使いすぎで腱鞘炎(けんしょうえん)となり、痛みを発することはよくあります。最近特に増えている、親指の使いすぎによる腱鞘炎「ドケルバン病」についてご紹介しましょう。

女性に多いドケルバン病

腱鞘炎とは、手の組織である腱鞘に炎症が起こることです。手の 腱鞘炎は様々な部分で起こる可能性があり、腱鞘炎になる場所によって特別に名前がつけられているものもあります。例えば指に起こる「バネ指」や、親指から手首にかけて起こる「ドケルバン病」があります。ドケルバン病は、主に親指の使いすぎが原因とされています。ところで最近増えているスマホ腱鞘炎とは、実はドケルバン病のことであり、親指を酷使することで手首に痛みが生じる腱鞘炎です。

なぜドケルバン病が起こるの?

手の指には腱と呼ばれる筋が通っており、腱に腕からの力が伝わり指を動かせるようになります。親指には短母指伸筋腱(たんぼししんきんけん)と長母指外転筋腱(ちょうぼしがいてんきんけん)が2本の腱がありますが、これらは手首の親指側に位置する腱鞘(けんしょう)の中を通ります。腱鞘とは骨に固定されているトンネルのようなもので、腱がその中を通ることで、腱が浮き上がるのを防ぎ安定させる仕組みとなっています。通常、腱は腱鞘の中をスルスルと通り抜けますが、指を使いすぎて腱鞘が腫れると、腱と腱鞘がこすりあうようになります。こうして痛みが出るのが腱鞘炎です。ドケルバン病では手首の腱鞘が腫れて、手首に痛みが出るようになります。手が動かしにくくなり、ひどくなると生活に支障をきたすようになります。

手を酷使する長時間作業は、休憩を入れて腱鞘炎対策!

ドケルバン病はデスクワーカーや楽器演奏者、スポーツ選手がなりやすい腱鞘炎です。またドケルバン病は妊娠・出産期、更年期の女性にも多く、女性ホルモンのバランスが崩れることがドケルバン病を招く原因だとされています。ドケルバン病を防ぐには、手の酷使となるような長時間作業を避けることが大切です。パソコンやスマホの長時間作業は、眼精疲労のみならず、腱鞘炎になる恐れもあることを覚えておきましょう。(指の痛みや腫れは腱鞘炎?パソコンを長時間使う人は要注意!!)
それからパソコンのキーボードやスマホ画面を操作する時は、指の腹ではなく指先を使うように意識すると、腱鞘にかかる負担を軽減することができます。もし腱鞘炎になったら、痛みを我慢せずにできるだけ早く整形外科を受診しましょう。腱鞘炎の一般的な治療法は、腱鞘炎が起こった部分の安静を保ちながら、炎症鎮痛薬(軟膏や飲み薬等)を用いた治療が行われます。これらの治療法で改善がみられず、腱鞘炎が繰り返されるときは手術をする場合もあります。手術は20分ほどで終わり、日帰り手術となります。腱鞘炎はその原因となる手の酷使を改めない限り、どんどん悪化していってしまいます。手や手首に痛みを感じる時は、一度手を使いすぎていないか確認してみましょう。


writer:Akina