「簡単な仕事ができない」「失敗を繰り返してしまう」とお悩みの方に出会った、無料メルマガ『販売力向上講座メールマガジン』の著者である坂本りゅういちさん。しかし坂本さんはそんな方の嘆きとは裏腹に、「こういう人ほどチャンスがある」と言います。さらには「仕事ができない人が周囲にいることもチャンスになる」とも。一体どういうことなのでしょうか。

仕事ができないと悩む人は

たまに、仕事ができないことに悩む人にお会いすることがあります。「私はこんな簡単なこともできないんです」と嘆き、悩んでいるような人です。

詳しく話を聞いてみると、確かに簡単と思えるようなことでもなかなか苦戦していたり、何度も同じ失敗をしたりしているという話なんですね。それが原因で、「自分は仕事ができないんだ」と悩み苦しんでいるわけです。

まぁ、確かに悩む気持ちはわかりますが、こういう人にこそ、あるチャンスがあると気づいてもらいたいと思います。そのチャンスとは、できない人の気持ちがわかるというチャンスです。こういう人ほど、人を教えることに向いていたりします。

どういうことかというと、理屈はとてもシンプルです。初めから仕事がスムーズにできる人は、苦労するポイントがわかりません。「じゃあこれやっといて」と言われて、サッとできてしまうような人がいますが、こういう人は、自分自身は良くても周りの人ができない理由がわからないのです。

すると、その仕事ができない人が何故できないのかが理解できないので、誰かに教えることが難しくなります。時には、「何でこんな簡単なことができないんだ!」なんて言ってしまったりして、なかなか人が育っていかないのです。

でも、仕事ができないと思っている人は、この気持ちがよくわかります。たとえ簡単と思えるような仕事でも、つまづくポイントがどこなのか、どこで苦労するのか、そんな理由を知っているんですね。ですから、苦労してその仕事ができるようになった時、その苦労を回避する方法を教えることができるわけです。

ということは、なかなか仕事ができないということは、ある意味、人を育てる材料に恵まれているということになります。それがわかれば、たとえ今、自分が苦労していることでも、しっかり解決策を探していき、道のりを覚えてさえいれば、優秀なマネージャーになれる可能性があると自信を持つこともできます。

また、仕事ができない人が周囲にいると感じている人からしても、そういう人がいることはチャンスです。「とても簡単なことなのに、何故かつまづいてしまう」ということは、もっと簡単に、もっと手軽にできる方法や教え方を考えなければいけません。

Aという教え方をしていてもダメだったのが、とにかく誰でもわかるようにとBという教え方にしてみたら、成功した。それがどんどん洗練されていくと、本当に仕事の経験がないような人でもすぐにできるような方法や教え方の確立に繋がっていきます。だから、この場合も仕事ができる人だらけでは生まれない教え方ができる人材になれる可能性が高まるんですね。

仕事ができないというのは、あくまでも今だけの話です。それが少しずつでもできるようになった時、その見返りは、仕事ができる人よりもはるかに大きなものに変わります。そんな未来を想像しながら、少しずつでも焦らずに成長していこうという気持ちを忘れずに、毎日を過ごしたいですね。

今日のおさらいです。

仕事ができないと思っていたり、そんな人が周りにいる場合は、チャンスだと捉える。

image by: Shutterstock.com

出典元:まぐまぐニュース!