「史上最悪のPK?」「恥ずかしい」 香川同僚のエースFWがPK失敗、国内外で反響

写真拡大

アウクスブルク戦、オーバメヤンがPKでループを狙うも…力なく相手GKの正面へ

 日本代表MF香川真司が所属するドルトムントは、現地時間1日に行われたブンデスリーガ第7節アウクスブルク戦で、香川の鮮やかなループシュート弾もあり2-1で勝利した。

 しかしこの一戦、エースFWピエール=エメリク・オーバメヤンがPKでのループシュートを失敗し、国内外で大きく取り上げられている。

 オーバメヤンの痛恨のシーンは後半33分に起こった。ビデオ・アシスタント・レフェリーによる判定でPKを得たドルトムントは、この時点で2-1とリード。キッカーを務めるオーバメヤンが決めれば試合を決定づける一撃となったが、ここでエースが狙ったのは、“パネンカ”と呼ばれるループシュートだった。しかし、相手GKヒッツのタイミングを全く外せなかったシュートは力なくGKの正面に飛び、全く動いていないヒッツに難なくキャッチされてしまった。

 この決定機逸に、各メディアは辛辣だった。ブンデスリーガのYouTube公式チャンネルでは「第7節に起こったミス5選」の第2位に選出。また大西洋を越えて米誌「スポーツ・イラストレイテッド」電子版も「パネンカ。それは成功すれば壮観で、もし失敗したら信じられないほど恥ずかしいものとなる。残念ながらオーバメヤンは後者を経験した」と描写している。

ゴール裏は予想外のミスにノーリアクション

 また米サッカーニュースサイト「THE 18.com」も、「オーバメヤンは史上最悪のPKを放ったのか?」と特集。さらに「ヤルモレンコとカガワのワンダフルな2得点がありながら、ドルトムントはオーバメヤンのPKミスで危うく負けかけた」と薄氷を踏む展開になったと言及した。ゴール裏のサポーター視点でオーバメヤンのPKを撮影した動画も紹介し、予想外のシュートに“ノーリアクション”にならざるを得なかったファンを映し出している。

 それでもオーバメヤンは第7節終了時点で8ゴールと得点ランキング首位タイに立つ。まさかのミスとなったが、ゴールを決め続けることで汚名返上するほかない。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images

【動画】ブンデス公式YouTubeで公開、ドルトムントFWオーバメヤンのPK失敗の様子

https://www.youtube.com/watch?v=V3h4yblFMeM&feature=youtu.be&t=54s

ブンデス公式YouTubeで公開、ドルトムントFWオーバメヤンのPK失敗の様子