スペインサッカー連盟会長、ピケの代表残留明言 ラモスとの不仲説も否定の事態に発展

写真拡大

政治的発言でバッシングを浴びるDFピケ、代表練習では悪質チャントも

 スペインサッカー連盟のフアン・ルイス・ラレア会長は、カタルーニャ独立運動に関する一連の政治的な発言でサポーターから激しいバッシングを受けているバルセロナのスペイン代表DFジェラール・ピケについて代表残留を明言。

 常々舌戦を展開しているレアル・マドリードのスペイン代表DFセルヒオ・ラモスとの不仲説も否定するまでの事態に発展している。地元紙「AS」が報じた。

 スペインからの独立の是非を決める住民投票が1日に行われた。バルセロナ市内の投票所などでは投票を妨害する警官隊が市民に向かい警棒やゴム弾を用いて負傷させるなど、当局の対応に対して世界中で批判も広がっている。

 ピケは自らのソーシャルメディアで住民に投票するように呼びかけていたなか、FCバルセロナも渦中の存在となった。投票当日に行われた本拠地ラス・パルマス戦では情勢の不安もあり、試合開始25分前に無観客試合とすることを決定した。

 独立運動に積極的に関与しているピケは、スペイン代表のサポーターから標的となっている。住民投票後の代表練習では練習場で「ピケ、クソ野郎! 代表から出て行け」という悪質なチャントも浴びた。

代表同僚ラモスとの不仲説も「問題ない」

 ピケ自身は代表や協会の意向次第で代表から身を引くと表明しているが、スペイン代表のユレン・ロペテギ監督は早くもピケを擁護。そして、スペインサッカー協会のラレア会長もピケの代表残留を明言した。

「ピケは合宿から離れることはないだろう。怪我をしない限りは代表に留まる。チームの雰囲気は全くこじれていない。新聞で読んでいる内容とは違うんだ」

 合宿で追放チャントを受けたピケだが、6日に控えるロシア・ワールドカップ(W杯)欧州予選アルバニア戦に向けたチームに残留すると会長は明らかにし、セルヒオ・ラモスとの不仲説についても「今まで通り。何も問題はない」と話しているという。

 カタルーニャの独立機運の高まりとスペイン政府の強行阻止という緊張感が高まるにつれ、ピケに対する風当たりは高まりを見せている。代表戦に渦中のストッパーは平常心で臨むことができるのだろうか。

【了】

フットボールゾーンウェブ編集部●文 text by Football ZONE web

ゲッティイメージズ●写真 photo by Getty Images