練習前に守備陣を集めて指示を出すハリルホジッチ監督

写真拡大

 6日のキリンチャレンジ杯・ニュージーランド戦(豊田ス)、10日の同ハイチ戦(日産ス)に臨む日本代表が4日、愛知県豊田市内で合宿4日目の練習を行った。前日3日に左太腿裏の張りを訴え、練習を途中で切り上げたFW原口元気(ヘルタ・ベルリン)はグラウンドに姿を見せず、宿舎で別調整。ニュージーランド戦の出場は微妙な状況となった。

 原口を除く23人での練習は冒頭部分のみ報道陣に公開された。練習前にはバヒド・ハリルホジッチ監督がピッチ中央にDF昌子源(鹿島)、DF植田直通(鹿島)、DF車屋紳太郎(川崎F)、MF遠藤航(浦和)、GK東口順昭(G大阪)、GK中村航輔(柏)の6人を集め、身振り手振りをまじえて指示。その後はDF吉田麻也(サウサンプトン)と個別に話す姿も見られた。

(取材・文 西山紘平)