沙織(木村多江)の復讐劇がいよいよ幕を開ける!/(C)YTV

写真拡大

10月5日(木)より、日本テレビ系にてスタートするドラマ「ブラックリベンジ」。同ドラマの主人公・今宮沙織(木村多江)が悪党たちへ宣戦布告する動画が、読売テレビ公式YouTubeチャンネルなどで公開されている。

【写真を見る】沙織(木村多江)のカウンセラー・朱里(鈴木砂羽)は、復讐に突き進む沙織を支えるが、その裏には何らかの思惑が/(C)YTV

芸能人や政治家のスキャンダルを暴く週刊誌の世界を舞台に、夫をスキャンダルによって亡くした沙織が、夫を陥れた人物に“スキャンダル”で復讐(ふくしゅう)していく同ドラマ。元「週刊文春」のエース記者・中村竜太郎氏が監修を務め、スキャンダルのリアルな裏側などをリアルに描き出す。

今回公開された最新特別動画では、夫・圭吾(高橋光臣)を死に追いやった悪党たちへの復讐に燃える沙織が“宣戦布告”。これまで番組公式Twitter等で断片的に公開され話題となっていた動画が、ついに完全版としてネットに“流出”した。沙織の狂気に満ちた表情に、思わず戦りつを覚えるはずだ。

さらに、ドラマの舞台となる週刊誌「週刊星流」の動画サイト「週刊星流チャンネル」では、ドラマの鍵を握る動画も公開中。このサイトで公開された動画が、本編とどのようにつながっていくのか、袋とじを開けるつもりで(?)、ドラマを目撃しよう。

■ 10月5日(木)放送 第1話あらすじ

将来有望な政治家だった寺田圭吾(高橋光臣)は、「週刊星流」に自身のスキャンダル記事をスクープされたことを苦に自殺。妻・沙織(木村多江)は、最愛の人だけでなく、生まれてくるはずだった新しい命まで奪われ、絶望のどん底に追いやられてしまう。

それから5年たったある日、沙織は何者かから送られてきたUSBメモリーに入った映像を見て驚がくする。それは、夫・圭吾が死の直前、そのスキャンダルがねつ造であることを自分に向けて訴える動画だった。沙織は、圭吾が動画の中で「スキャンダルをねつ造した張本人」と語った3人への復讐を誓う。

「週刊星流」の契約ライターとなり、日々スクープを連発していた沙織は、大臣就任間近といわれる政治家・塚本(神尾佑)に愛人がいるというスキャンダル情報をつかむ。塚本は圭吾のかつての盟友だが、圭吾のスキャンダルを踏み台にして政界をのし上がってきた“ゲス議員”。沙織の復讐劇は、彼のスキャンダルを暴くことから動き出す。

塚本の愛人が高級クラブのNo.1ホステス・彩香(白羽ゆり)だと突き止めた沙織だったが、彩香は相手に迷惑が掛からないよう、交際の痕跡を全く残さない“プロ愛人”だった。それでも沙織は、彩香に自分が愛人だと独占告白させようと画策する。