開業90周年「記念サボプレート」(表面)(画像: 小田急電鉄の発表資料より)

写真拡大

 小田急電鉄は、小田急線開業90周年とロマンスカーSE・生誕60周年を記念して、記念グッズの「サイドボードプレート(略称サボプレート)」と「ピンバッジセット」を各1,000個限定で販売する。サボプレートとは、行き先案内表示などで電車の側面に掲示する案内板のこと。販売場所は、小田急グッズショプ 「TRAINS(トレインズ)」と、10月21、22日に行われる小田急ファミリー鉄道展 2017の会場となる。

【こちらも】「小田急ファミリー鉄道展2017」開催 今年は小田急線開業90周年記念

 90周年記念のサボプレートは表に豆汽車 ・モハ1 形を、裏には吉田初三郎の筆による鳥瞰図をあしらっている。ピンバッジは向ヶ丘遊園 豆汽車のほか、1010形1011号、モハ1形、稲田登戸駅 駅舎看板をあしらった4種がセットになっている。

 特急ロマンスカー・SE生誕60周年のサボプレートは表面が3000形SE、裏面には歴代特急ロマンスカーをデザインした。ピンバッジは60周年ロゴマークに3000形SE、3000形SSE、「あさぎり」ヘッドマークの4種類だ。歴代のロマンスカーは正面からのアングル。まるで電車とは思えず、戦隊ヒーローのマスクのような風格がある。

 同社ではこれまでも開業90周年、ロマンスカー生誕60周年を記念するイベントを行ってきた。イベントの中でも「小田急ファミリー鉄道展 2017」は一般参加も出来る場として、この日の販売をメインにそれぞれ1,000個限定の目玉グッズを用意した格好だ。

 小田急ポイントカード(OPカード)会員には、期間中、OPカードを提示の上記念グッズを購入すると、非売品の開業90周年「オリジナルキーホルダー」をプレゼントする予定だ。

 価格は、記念サボプレートがそれぞれ1,620円、記念ピンバッジセットが1,512円(いずれも税込)となっている。