1999年にJ2が全10クラブでスタートして、はや19年。今ではJ2のクラブ数も22まで増え、さらには3部リーグに相当するJ3も生まれ、虎視眈々とJ2入りを狙うクラブも増えている。

 かつては、徹底して守備を固めるだけの退屈なサッカーをするクラブも少なくなかったJ2だが、近年は独自のスタイルを追求するクラブも多く、上から下まで22クラブの力は拮抗している。必然、J1昇格をつかみ取るのも容易ではない。

 今季を見ても、首位の湘南ベルマーレこそ独走状態にあるが、2位のアビスパ福岡から9位の東京ヴェルディまでが勝ち点10差でひしめき合う。J1自動昇格となる2位だけでなく、J1昇格プレーオフへ進出できる3位から6位の争いも熾烈を極めている(第35節終了現在。以下同)。

 そんな群雄割拠のJ2にあって苦しい戦いを強いられているのが、モンテディオ山形である。

 1999年にJ2が誕生したときの”オリジナル10”のひとつである山形は、過去に2度のJ1昇格を経験した。だが、J1の壁はやはり厚く、1度目の昇格では3シーズン(2009年〜2011年)で、2度目の昇格時はわずか1シーズン(2015年)で、いずれもJ2へ逆戻りする結果に終わっている。4年間のJ1在籍で最高順位は2010年の13位。現実は厳しかった。

 そして1年でのJ1復帰を狙った昨季は、まさかの14位と低迷。J2でのクラブ史上最低順位に終わった山形は今季、いわばドン底からの再スタートを切ったわけである。

 ところが、今季が始まっても思うように白星を並べることができず、11勝10敗14分けの勝ち点47で13位。現段階では、昨季からひとつ順位を上げたにすぎない。日本サッカーのトップリーグであるJ1を経験したこともあるクラブとしては、簡単には受け入れがたい現実だろう。

「勝たなければいけない試合が続くなかで負けて、選手はもちろん思うところはあるし、私自身も思うところはあるし、ファンの人たちも思うところはある。もちろん目標は高いところに置いているので、フラストレーションもたまるし、みんな、そうだと思う」

 目標であったJ1昇格が徐々にその手から遠のいていく状況に、今季から山形を率いる木山隆之監督は、厳しい口調でそう語る。

 現在13位の山形とプレーオフ圏内(6位の横浜FC)との勝ち点差は10。あと7試合しか残されていないことを考えれば、数字上の可能性は残っているとはいえ、現実にはもはやJ1昇格は絶望的な状況である。当然、選手にもサポーターにも忸怩(じくじ)たる思いはあるだろう。試合後のスタンドからブーイングが起きたとしても無理はない。

 しかし、順位はあくまで相対的な指標である。そればかりに気を取られれば、現状を見誤りかねない。

 今季の山形は接戦を繰り広げるものの勝ち切れず、引き分けばかりを増やしてきた。35試合で実に14分けは、J2最多である。だが裏を返せば、山形は簡単には負けないチームになってきたということでもある。山形の10敗という数字は、3位のV・ファーレン長崎などと並び、J2で4位タイの少なさだ。

 山形が今季ここまでに積み上げた勝ち点47は、昨季の最終成績とまったく同じ。勝ち点のうえでは、7試合を残す時点ですでに昨季に並んでいるのである。つまりは、これからの7試合で積み重ねる勝ち点すべてが、今季の成長分だと言っていい。


確実に成長を遂げているモンテディオ山形

 だからこそ、木山監督は「結果の責任は自分にある」としたうえで、「スタンスをしっかり広げて考える必要がある」と、腰を据えた強化の必要性を強調する。

「昨季14位だったチームが、高いところを目指してトライしている。その現実をしっかり受け止めながら、自分たちがやっていることに対してプライドと自信を持って進んでいかなければいけない。ものすごく難しいタスクをみんなでやっていくには、もっとプライドを持ってやらなければいけないし、粘り強さも必要だと思う」

 木山監督は過去、2012年にジェフ千葉を、2015年には愛媛FCをプレーオフへと導いた実績を持つ。特にふた桁順位が当たり前だった愛媛を初のプレーオフまで導いた手腕は称賛に価する。

 とはいえ、2度のプレーオフ進出は結果的にいずれも敗退に終わり、J1昇格を果たせてはいない。だからこそ、45歳の知将は、ただプレーオフに進出できればいいとは考えていないし、また、J1に上がりさえすればいいとも考えていない。

「去年まで愛媛を率いて、愛媛でもプレーオフまでいっている。プレーオフを目指すチームを作るためだったら、わざわざここに来る必要はなかった」

 そう語る木山監督は、目先の結果だけにこだわったのでは真に強いクラブは作れないし、せっかくJ1に上がったとしても1年で逆戻りでは同じことの繰り返しになることをよく理解している。指揮官が続ける。

「(山形が)3回目のJ1に上がるときには、もっともっといいプレーができるように、その発想から下ろしている。だから、決してアバウトなサッカーをしようとは思わないし、難しくてもレベルを上げていこうというトライをしなければいけないと思う。そのために、僕はこのチームを選んで来た」

 そして木山監督は、報道陣に対し、そしてその向こう側にいるサポーターに対し、訴えかけるように語る。

「みなさん、思うところがあると思うが、私は自分自身が考えていることをしっかり追求してチームのレベルを上げていきたい。現状、それがなかなかうまくいかないことも多く、フラストレーションがたまることは本当に申し訳ないと思っている。もちろん、ファンの人たちみんなが喜ぶ結果を常に自分のなかに描いているが、そこになかなか届かないチーム力の現状があるということはしっかり認識して、今はどうやってこれを上げていくかを考えていかなければいけないときだと思う」

 そして、このクラブを強くするという覚悟をにじませ、強い口調で続けた。

「もっとチームがよくなっていくために何が必要か、もっと掘り下げることがたくさんあるし、そこは冷静に考えてやらなければいけない。そのために、僕はできることを全力でやろうと思う」

 年々レベルが上がるJ2にあって、J1昇格は生半可な覚悟ではたどり着けない。山形は今、苦境のなかでもがきながらも、着実に成長を続けている。

■Jリーグ 記事一覧>>