絶好調ハリー・ケイン、来季はエル・ブランコの新スターに?!

写真拡大

▽レアル・マドリーが、トッテナムのイングランド代表FWハリー・ケイン(24)に関心を寄せているようだ。スペイン『ドン・バロン』が伝えている。

▽目下絶好調のケイン。9月の公式戦で13得点を量産し、記録上では世界最高のフットボーラーであるFWリオネル・メッシとFWクリスティアーノ・ロナウドに並び、大きな話題となっている。『ドン・バロン』によれば、そんな誰もが認めるストライカーに、白い巨人の会長・フロレンティーノ・ペレス氏も注目しているようで、来夏に獲得に動くのでないかと伝えられている。

▽スペイン人ジャーナリストのエドゥアルド・インダ氏も「レアル・マドリーは来シーズンに向けてハリー・ケインを追っている」と『El Chiringuito』で認めるところ。しかし、「彼の市場価格は誰もが知っている通り、2億ユーロ(約265億円)だ」と、ケインの獲得が一筋縄ではいかないことも示唆している。

▽だが、そんな高額な移籍金も、ペレス会長にとっては障害にならないようだ。マドリーはFWカリム・ベンゼマとMFガレス・ベイルを売りに出すことで、ケイン獲得の資金を捻出する算段のようだ。世界最強のトリデンテ”BBC”を形成していた2人だけに、ケイン獲得のみならず、2人の去就にも注目が集まるところだ。