クリスティアーノ・ロナウド【写真:Getty Images】

写真拡大

ロナウドVSトゥーザニ、見応えのあるフリースタイルバトルを展開

 現代サッカーのスーパースター、ポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウド(レアル・マドリード)が、世界的に有名なフリースタイルフットボーラーからの“挑戦”を受けて対戦。「フリースタイルバトル」の動画がインスタグラムで公開され、サッカーファンを魅了している。

 ロナウドからマドリード郊外の自宅に招待され、自慢の足技を惜しみなく披露したのは、オランダ出身のフリースタイルフットボーラーのスフィアン・トゥーザニだ。

“クリロナ”の大のファンだというトゥーザニは、自身のインスタグラムに一本の動画を投稿。映像はロナウド宅を訪れ、固い握手をかわすところからスタートするが、まずはウォーミングアップとばかりに、足裏だけでいとも簡単に止まったボールを浮き上がらせてみせる。対するロナウドは、ヒールキックでボールを軸足に当ててリフトアップすると、リフティングを経て、今度はボールをまたぎながらまたぐ足とは逆の足(軸足)でボールを蹴り上げる「クロスオーバー」を披露して応戦した。

 すると、トゥーザニはボールを蹴り上げたボールをまたぐ「アラウンド・ザ・ワールド」を応用し、ジャンプした間に左右両足でまたいで着地前に左足でボールを浮かせる大技に成功。そのまま自らのターンを迎えたロナウドは、トゥーザニの技を完璧に実演した上、左右の「アラウンド・ザ・ワールド」、さらには「クロスオーバー」まで加えて返して見せた。

 ペルーのスポーツ専門メディア「Depor.com」は、「トゥーザニがこの分野のスペシャリストであることは間違いないが、ロナウドは自らの持っているスキルをすべてボールで表現して見せた。カメラマンを驚かせるプレーだ」と報道。動画が公開されたインスタグラムとYoutube合わせて再生回数は70万回を超え、ファンからは「素晴らしい」「なかなかやるじゃん」といったコメントが寄せられている。

 ゴールを量産するだけでなく、難易度の高い足技も難なくこなしてしまうロナウド。現代サッカーが誇る“至宝”には、不可能はないのかもしれない。