photo/本人のInstagramより

写真拡大 (全2枚)

2011年よりマンチェスター・シティに在籍しているセルヒオ・アグエロ(アルゼンチン代表)。今季のプレミアリーグ第6節終了時点で6得点3アシストを記録した同選手だが、先月28日に行われたマルマ(コロンビア人歌手)のコンサートの帰りに交通事故に遭い、肋骨を骨折。今月5日より行われるロシアW杯南米予選のメンバーからも外れるなど、苦境に陥っている。

同選手の心身の状態が懸念されるなか、4年間にわたり交際を続けていたカリーナ・テヘダさん(アルゼンチン人歌手)と事故の2日後に破局したことが、1日付けの英『THE Sun』で明らかに。「(アグエロが)以前アルゼンチンに帰国した際に他の美人モデルにモーションをかけたことがカリーナさんの逆鱗にふれた」という見解が示されたほか、カリーナさんが地元記者にむけて発した「もはや彼(アグエロ)について話すことはない」というコメントが同紙内に掲載されるなど、“リトル・プリンセス”という愛称で知られる彼女との交際終焉が伝えられている。

不慮の事故に加えて失恋と、まさに踏んだり蹴ったりのシーズン序盤を迎えてしまった同選手だが、この試練を乗り越えることができるだろうか。