日本ハム対オリックス25回戦のスタメン表

写真拡大

 「日本ハム-オリックス」(4日、札幌ドーム)

 日本ハム・大谷翔平投手(23)が日本でのラスト登板となる今季本拠地最終戦のオリックス戦でプロ入り初の「4番・投手」で出場が発表された。

 この日、キャッチボール、ダッシュ、外野のボールの壁当てなど、登板前のルーティン練習をこなした大谷。栗山監督と話し合って決めたと見られる。

 大谷は登板前日「今まで言ったとおり、やれることをやりたい。今季ホーム最後なんで勝てるように頑張りたい」と意気込んでいた。リアル二刀流で4番は初の試みとなる。