信長の草履には肩こりを予防する知恵が…

写真拡大

10月4日より、歴史上の人物の健康面に注目し、そこから“今も役立つ”健康へのヒントを探る新番組『偉人たちの健康診断』(BSプレミアム、毎週水曜20:00)がスタート。初回は、「織田信長の隠れた病」を放送する。

歴史上の人物たちの「健康へのこだわり」や、知らず知らずのうちにしていた「日々の習慣」や「食生活」、さらには史実に残る事件のウラにあった偉人たちの病や苦しみ、それらを現代の医学目線で見てみたら……。ということで、第1回は戦国の風雲児・織田信長に注目。まずは「身長」を検証するのだが、本能寺の変で最期を遂げた信長は、遺骨も見つかっていない。そんな中、残されたわずかな手がかりで、どのように割り出していくのか。

また、他の戦国武将と決定的に違う信長の日常生活から見えてきた、現代に役立つ「健康法」とはどういうものだったのか? そして、信長には「肩こりの悩み」がなかったという仮説が浮上。その理由は信長の履き物にあったという。そして、例え本能寺の変で難を逃れても、遠からず死に至っていたかもしれない信長の隠れた病の存在が明らかに……。歴史好きも健康好きも思わず納得の情報をたっぷり伝えていく。