※写真はイメージ

写真拡大 (全3枚)

ペットを飼う家庭が増える一方で、動物愛護センターに保護される動物も増加し、収容しきれない犬や猫が、人間の身勝手な理由で殺処分されています。

そんな問題に、名古屋市動物愛護センターは『ふるさと納税』の寄付金で対応。収容動物の殺処分ゼロを目指す取り組みが、話題になっています。

犬の殺処分をゼロに!

名古屋市は2016年度の『ふるさと納税』を、収容されている犬を対象に医療費や食費などに使用。

譲渡ボランティアなどの活動により、2016年度の犬の殺処分はゼロになりました。

しかし、収容数の多い猫については、いまだ殺処分が行われているのが現状です。

2017年度からは対象を猫にも広げ、『目指せ殺処分ゼロ!犬猫サポート寄付金』という名称で寄付金を募っています。

寄付金は子猫のミルクやエサ、ペットシーツや薬品の購入費用などに充てられる予定です。

殺処分ゼロを目指す、名古屋市動物愛護センターの取り組みに、称賛の声が続出しています。

ふるさと納税で殺処分ゼロにするなんて、その発想はなかった…悪くなさそう。お礼の品物を求めない『ふるさと納税』の使いかたもいいかもしれない。地元の社会に還元できるのはいいですね。

中には取り組み自体には賛成しているものの、根本的な解決を望む声も。

殺処分ゼロもいいけど、ペットの売りかたも改善していかないと。不必要な飼育や繁殖がなければ、収容される犬猫も減るので、そちらの対応もお願いします。悪質な繁殖業社や飼い主への根本的な規則も作ってほしいです。

悲しいことに、「動物を飼ったら最後まで面倒を見る」という、そんな当たり前のことをできない人も存在しています。

私たちはいま一度、命を預かるということの重大さについて、考え直さなければいけないのかもしれません。

ふるさと納税を使って殺処分ゼロを目指す取り組みは、広島県の神石高原町などでも行われています。根本解決と共に、こういった活動が広がることで、少しでも多くの尊い命が守られることを望みます。

※記事中の写真は全てイメージ

[文・構成/grape編集部]