@AUTOCAR

写真拡大 (全3枚)

もくじ

ーTNGAでどう変わる? 新型クラウン
ークラウン IoT社会へ対応

TNGAでどう変わる? 新型クラウン

トヨタは、東京モーターショー2017において、「クラウン・コンセプト」を初披露すると発表した。

このコンセプトは、「走行性能」と「コネクテッド技術」の両輪で開発したモデルで、将来のモビリティ社会において求められる革新性をクラウンに融合したという。


クラウン・コンセプトは、TNGAに基づきプラットフォームを一新。クルマをゼロから開発するとともに、ドイツのニュルブルクリンクでの走行テストを実施した。

ハンドリング性能に加え、低速域から高速域、スムーズな路面から荒れた路面など、あらゆる状況において安定した走行を実現するという。
 

クラウン IoT社会へ対応


また、トヨタは車載通信機をラインナップ車に搭載し普及していくことで、ドライバーにビッグデータの情報活用を推進する考えを持っている。クラウン・コンセプトの市販モデルにも車載通信機を全車標準装備し、展開を図っていく予定だという。

現時点で発表されているクラウン・コンセプト主要諸元:

全長✕全幅✕全高:4910✕1800✕1455mm
ホイールベース:2920mm
乗車定員:5名

なお、クラウンの市販モデルは、2018年夏頃に発売を予定している。