従来の菊のイメージ一変“菊の惑星”

写真拡大

福島県二本松市の伝統技芸の結集である、一本の茎から数百、数千の菊花を咲かせる「多輪咲」。その「多輪咲」と現代の感性を融合した作品「菊の惑星(Planet of Mum)」が、10月16日より始まる、東京の街全体をミュージアムにしたデザイン&アートフェスティバル「DESIGNART 2017」に出展される(〜22日)。

「菊の惑星(Planet of Mum)」は、東京の若者文化発信の中心地・渋谷にある「渋谷MODI」にて展示。

この作品は、ドーム型に栽培加工された「多輪咲」が天板のミラーに反射して球体に見えることで、あたかも浮遊する“菊の惑星”のような不思議な光景を創り出している。商品を陳列するテーブル機能と、休憩や憩いの場となるベンチ機能を持ち合わせることで、店舗、空港、ホテルなど幅広い分野での展開が期待できる作品だ。

福島県二本松市では、かねてより「菊人形」や「多輪咲」などの高い技術による「魅せる菊」を作っている。しかし、園芸作品として魅せるだけではなく、今の時代に合った、多様なシーンや空間の彩りに菊を活用してもらいたいとの想いから、2016年に二本松の菊の魅力向上を目指す「菊のまち二本松ブランディングプロジェクト」を立ち上げた。今回の「菊の惑星(Planet of Mum)」は、そのプロジェクトの一環として出展するものだ。