2017年10月25日に開幕する第45回 東京モーターショーにおいて、トヨタがクラウンの次期モデルを示す「クラウン・コンセプト」を初公開することが明らかとなりました。

おそらく次期市販モデルを示すと予想される「クラウン・コンセプト」は、日本のフラッグシップカーとして伝統を積み重ねてきたクラウンの正常進化といえるフロントマスク。そのボディサイズは全長4,910mm、全幅1,800mm、全高1,455mm、ホイールベース2,920mmとなっています。

日本向けモデルですが、ニュルブルクリンクで鍛えたというハンドリング性能は、トヨタの最新アーキテクチャ「TNGA」に基づいたメカニズムに支えられているといいます。パワーソースは未公開ですが、大きなフロントグリル右上に輝く「RS」のエンブレムは、ファン・トゥ・ドライブへの期待を高めます。

また、コネクテッドカーを拡大するトヨタのフラッグシップとして、車載通信機の100%搭載によるIoT社会への対応をうたっているのもクラウン・コンセプトの特徴。ビッグデータの活用やITSコネクトの普及によって、さらなり安全と利便性の向上を狙っていくということです。

なお、次期クラウンの市販は2018年夏頃とアナウンスされています。

(山本晋也)

【東京モーターショー2017】「RS」エンブレムが気になる新型クラウン・コンセプトは市販モデルか?(http://clicccar.com/2017/10/04/517924/)