画像提供:マイナビニュース

写真拡大

日本マイクロソフトのPC「Surface」用のアクセサリとして、フィンランドのアパレル企業、Marimekkoによるデザインの「Marimekko for Microsoft Surface スリーブ」と「Marimekko for Microsoft Surface タイプカバー」が登場する。10月3日から予約を開始しており、10月13日に発売する。価格は8,240円から(税別)。

○Marimekko for Microsoft Surface スリーブ

「Marimekko for Microsoft Surface スリーブ」は、Surface Laptop / Surface Proを収納するためのスリーブケース。店頭予想価格は8,240円(税別)。すでにSurfaceの背面に貼る「スキンシール」が発売されており、共通デザインのアクセサリを用意することで、ファッション製を高めている。

スリーブのデザインは、UnikkoとRasymattoの2種類を用意。Unikkoはけしの花を、Rasymattoはフィンランドで見られる生地の端切れで作られる縞模様のラグを現代風にアレンジしたものをモチーフにしている。

○Marimekko for Microsoft Surface タイプカバー

「Marimekko for Microsoft Surface タイプカバー」は、Surface Proに装着できるキーボード搭載のタイプカバー。店頭予想価格は21,400円(税別)。タイプカバーのデザインは、Siirtolapuutarha / Kaivoの2種類。Siirtolapuutarhaは市民菜園をモチーフにしたデザインを採用。Kaivoは水面のさざ波からインスピレーションを受けた「泉」を表現している。