オーナーとしてマーリンズの球団運営に携わるデレク・ジーター氏【写真:Getty Images】

写真拡大

高校時代に初めて訪れたマイアミの地 「すべてが新鮮でエキサイティングだった」

 米大リーグのマーリンズを買収し、新オーナーとなった元ヤンキース主将のデレク・ジーター氏が3日(日本時間4日)、本拠地マーリンズパークで記者会見を行った。メジャーを代表するスーパースターとしてスタジアムを沸かせてきた男は、オーナーとしてチームづくりについて語ったが、マイアミのファンに対しても“所信表明”を行い、注目を集めている。

「レジェンド」から今後苦楽をともにする大切なファンへのメッセージが、自身が運営するウェブサイト「プレイヤーズ・トリビューン」で公開された。

 ジーターが初めてマイアミを訪れたのは、高校時代の17歳の時。ニュージャージー州ペカノック出身の彼にとって「生まれてから訪れた土地としては最も遠いところだった」が、その際にかけられた「Welcome to Miami. Bienvenidos a Miami(ようこそ、マイアミへ)」という言葉が脳裏に焼き付いているという。

「スペイン語の響きが新鮮だっただけじゃない。マイアミのすべてが自分にとって新鮮でエキサイティングなものであった。実際に何をしたか、どこに行ったのか、といった記憶ははっきりとは思い出せないんだけど、今日まで、どう感じたのかは未だ覚えている。音楽、天気、ダイバーシティ…マイアミという街がどのように息をしていたのか、ということは忘れられない」

マーリンズを「誇りに思えるチーム」へ…“マイアミ流”の改革に期待が懸かる

“特別な地”の球団オーナーとなり、3日に記者会見を行ったジーター。記事では「今日はマーリンズ・ベースボールにおける新しい時代の初日だ。新オーナー陣を代表して、未来についてのビジョンを記したいと思う」と、改めてマニフェストとも言うべき“所信表明”を行い、「いくつかの約束」として3つの項目を挙げている。

「勝者の文化を根付かせます」
「マイアミの文化とダイバーシティを大事にしていきます」
「マーリンズを信じています」

 今季マーリンズは77勝85敗で、ナショナルリーグ東地区首位のナショナルズとは20ゲーム差の2位。2010年以降は勝率5割を切る苦しいシーズンが続いている。そんな状況を受け、ジーターは常勝軍団のアイデンティティを組織に植え付けることを宣言。マイアミのコミュニティにとって、マーリンズを「誇りに思えるチーム」にしていきたいと記している。

 球団買収に至るまでは、長いプロセスを要したという。挫けそうな時がありながらも、マーリンズの組織、そしてファンの手助けを信じているからこそ、諦めなかったと心の内を語っている。

「このコミュニティはいつだって私を温かく迎えてくれる。その、恩を返す時がきたのだ。マーリンズ・ベースボールの新時代は今始まった。楽しんでいこうじゃないか、それがマイアミ流だ」

 “マイアミ流”の下、どのような改革が行われ、チームが生まれ変わるのか、注目が集まる。