ガビゴル、ベンフィカでも出場機会得られず…古巣へ“再レンタル”が濃厚か

写真拡大

 今シーズン、インテルからベンフィカにレンタル移籍で加入しているブラジル代表FWガブリエウ・バルボーザ、通称“ガビゴル”に再レンタルの可能性が浮上した。イタリアメディア『メディアセット』が報じている。

 2016年にインテルに加入したガビゴルは、期待された活躍を見せることができず、公式戦10試合の出場にとどまった。

 定位置を確保できなかったガビゴルは出場機会を求めて、ベンフィカへのレンタル移籍を決意。しかし、再起を誓ったもののベンフィカでも出場機会は与えられず、現在、公式戦でわずかに3試合しかピッチに立つことができていない。

 同メディアは、すでにガビゴルはベンフィカを離れることを決意し、それが実現した場合、一度インテルに戻ってから古巣であるサントスへ再レンタルという形で加入することになると伝えている。

 サントス側もかつての主軸選手の帰還を歓迎しており、経済的な面の問題が解消されれば契約は成立する見通しとなっている。