画像提供:マイナビニュース

写真拡大

ファイルメーカーは、FileMakerプラットフォームを使用してカスタム Appを作成する方法を自学自習できる動画コンテンツ「カスタム App アカデミー」と、米国で開催されたFileMaker開発者会議の様子を収めた「Developer Conference ビデオ」を公開した。

カスタム App アカデミーは、学習者のレベルに合わせたステップ・バイ・ステップのガイダンスが付属する日本語のビデオチュートリアルで構成されている。

「基礎」編では、FileMaker プラットフォームの概要と、FileMaker ProおよびFileMaker Goの基本操作について解説。「作成」編では、FileMakerで基本的なカスタム Appの計画および作成を行っていく。また、レポートやグラフを利用してデータをわかりやすくする方法を学習する。「拡張」編では、ユーザーのフィードバックを元にカスタム Appを拡張し、情報を作成、自動化、視覚化するための方法を学ぶ。「バージョン16の新機能」編では、FileMaker 16 プラットフォームの新機能を紹介。また、一部の新機能についての詳説が掲載されている。

あわせて、米国で開催されたFileMaker開発者会議「FileMaker Developer Conference」にて収録されたセッション録画ビデオも公開された。こちらは英語のみ(日本語字幕なし)となっている。