ドラクエ新作を待つ、がんのおじいさん 「それまでもつかな」といった1年後

写真拡大 (全3枚)

看護師として病院で働いている、ゆつき(@momoirocanzume2)さん。

とある患者とのやりとりを描いた漫画に、多くの人が心をうたれました。

ドラゴンクエスト』が大好きな、がんのおじいさん

ゆつきさんの病院には、人気ゲーム『ドラゴンクエスト(以下:ドラクエ)』が大好きな、80代のTさんが入院しています。

2016年のある日、ドラクエについてこんな会話をしたのだそうです。

「もうすぐ新作出ますよね」

「ああ、新作には期待しているんだ」

2017年に発売予定とされていた『ドラゴンクエストXI』を心待ちにする、Tさん。

しかし、どうやらTさんには心配事があるのだとか。

「ドラクエはよく発売延期するから…それまで、命がもつかな」

ファンにはおなじみですが、ドラクエシリーズは制作の都合上、毎回のように発売を延期しています。中には、当初の発売予定日から数年延期した作品も…。

そのため、Tさんは「もし、最新作が延期してしまったら…」と不安を抱いていたのです。

そんなTさんの姿を見て、ゆつきさんは心の中で発売元のスクウェア・エニックスに念を送ったそうです。

そして、1年後…

2017年7月29日、幸い延期されることはなく、ドラクエ新作が発売。

販売されているソフトを見たゆつきさんは、「Tさん、ドラクエ新作買えたのかな」と思っていました。

そして、数日後…。

「始めたからにはクリアしないとな!」

1年前は「発売までもつかな」と不安げにいっていたTさん。ですが、発売後は「クリアまで生きないとな!」と前向きになったのだそうです。

きっと、Tさんにとってドラクエは『生きる目標』の1つなのでしょう。

年をとっても趣味を大切にするTさんの姿や、ゲームがファンに与える力に、漫画を読んだ多くの人から「こんな年の取りかたをしたい」「感動した」といったコメントが寄せられています。

Tさんには、これからも勇者として冒険の旅を続けてほしいものですね!

[文・構成/grape編集部]