ネルドリップでコーヒーを抽出する故・徳川慶朝氏。(画像提供/サザコーヒー)

写真拡大

9月25日、徳川幕府最後の将軍・徳川慶喜のひ孫にあたる徳川慶朝氏が亡くなった。慶朝氏は茨城で「徳川将軍珈琲」なるコーヒー豆の開発と販売に取り組んでいた。実は徳川慶喜も大のコーヒー好き。曽祖父とひ孫がコーヒーでつながることになった裏話をひもとく。

■幕末の味を再現した「徳川将軍珈琲」

今年は江戸幕府最後の将軍・徳川慶喜による「大政奉還」150年にあたる。9月25日、慶喜の直系のひ孫・徳川慶朝(よしとも)氏が他界した。訃報を伝える各社の記事にあったのが、「茨城県のコーヒー会社と提携して『徳川将軍珈琲』を販売した」というくだりだ。故人のご冥福をお祈りしつつ、将軍珈琲の開発秘話や慶喜との共通点を紹介したい。

そもそも「徳川将軍珈琲」とはなんのことか。これは茨城県ひたちなか市に本店があり、県内に10店舗を展開する「サザコーヒー」が、慶朝氏と提携して発売したコーヒー豆だ。9月の販売数が47商品中2位の人気商品だが、今回、一躍その名がクローズアップされた。

江戸幕末に飲まれていたであろうフランス風珈琲を現代風に再現したもので、インドネシア・スマトラ島の最高級「マンデリン」(アラビカ種のコーヒー豆の銘柄)を中心にブレンドしてある。焙煎は深煎り(フレンチロースト)で、ミルクとも相性がよいコーヒーだ。

商品開発の発端は、1998年にNHKの大河ドラマ『徳川慶喜』が放映されたことだ。江戸幕府最後の将軍・慶喜は水戸徳川藩の第9代藩主・徳川斉昭(なりあき)の七男で、放映中、地元・茨城県は盛り上がった。それが慶朝氏と結びつくのは、講演依頼がきっかけだ。

■「コーヒー提供」の付帯条件に快諾

慶朝氏に講演を依頼したサザコーヒー会長・鈴木誉志男氏が、経緯をこう話す。

「99年、日本コーヒー文化学会の本部から茨城支部に、『水戸市で、コーヒーを楽しむ会を開催してほしい』と要望がありました。当時、私は茨城支部の事務局長で、思案の末に『城下町水戸でコーヒーを飲む』をテーマに準備を進めたのです。集めた資料にはフランス軍提督姿の慶喜公の写真もあり、『コーヒーを飲んだのではないか』と思いをはせていました」

そんな時期に旧知の週刊誌記者の紹介で、当時フリーランスのカメラマンだった慶朝氏の連絡先を知る。そこで次のような依頼をした。

「僭越ながら『将軍慶喜とコーヒー』という演題で、講演をしていただけないでしょうか。ただし申し訳ないが、日本コーヒー文化学会は資金に余裕がなく、講演料は薄謝しか出せません。その代わり、コーヒーだけはふんだんにあります」

この付帯条件が慶朝氏の心を動かした。実は、同氏は青山にあったコーヒー専門店「ダボス」(現在は閉店)の常連客で、大のコーヒー好きだったのだ。

「慶朝さんの講演は成功裏に終わり、これ以降、サザコーヒーを訪れるようになりました。コーヒーに強い関心を持つ本人と、私の息子・太郎(副社長)も意気投合し、太郎が『徳川将軍にちなんだコーヒーを開発したらどうか』と言い出したのです。慶朝さんも乗り気で、『ぼくに焙煎させてほしい』と言われました。そこで、焙煎機が異なるサザコーヒー、茨城支部会員の店『サワコーヒー』『マイルストーン』で研修が始まり、その後、サザ本店で本格的に学ばれたのです」(鈴木氏)

こうして慶朝氏のコーヒー修行が始まり、当初は焙煎作業日に合わせて東京から茨城まで電車で通勤した。サザコーヒー側はグリーン車の切符を手配したという。すでに行きつけの「ダボス」は閉店し、コーヒーを渇望していた慶朝氏にとって、茨城の水は心地よかったようだ。もともと天領で徳川家を尊敬している土地柄。理解者だった母の和子氏(会津松平家出身)も他界しており、後に慶朝氏は自宅をひたちなか市に移している。

1969年開業のサザコーヒーは、当時で創業30年。鈴木氏は昭和時代から自家焙煎を追求しており、長年専門誌に連載を持つ人物だ。個人経営の店(個人店)には珍しく、南米コロンビアに自社直営農園も所有している。長男の太郎氏はコーヒー品評会の国際審査員も務め、コーヒー豆のトレンドにも精通する。つまり「コーヒー関連情報の宝庫の店」だった。

■プロも驚いた“ぜいたく焙煎”

ふだんはのんびりした性格だったという慶朝氏は、「仕事となると職人気質の技術者で、几帳面な一面もあった。焙煎技術を高めるために創意工夫し、小道具も自分で作るなど、何でも自分でやりたがる人でした」(鈴木氏)。そして、こんなエピソードも明かす。

「一般にコーヒー1杯に入れるコーヒー豆の量は、レストランでは7グラム、一般のカフェでは10グラム。サザコーヒーは15グラムにしています。それがテスト焙煎時に慶朝さんは60グラムも使われたのです。これには驚きましたが、飲んでみるとこれまで感じたことのない味でした。『美食は貴族がつくる』とも言われるように、常識にとらわれない一面もお持ちでした」

「徳川将軍珈琲」の味の開発では、鈴木氏が幕末の文献を徹底的に調べた。1867年に慶喜がフランス人の料理人を雇い、大坂(現大阪)の晩餐会で欧米の公使をもてなし、コーヒーを出した献立も残っていた。「当時は世界のコーヒー流通の6割をオランダが占めていた」歴史にちなみ、当時オランダ領だった、インドネシア産の最高級マンデリンを使用。深煎りで焙煎したのも、史実に沿って現代風に再現したためだ。

幕末から明治に移る激動期の歴史に隠れた、慶喜とその弟・昭武(あきたけ。最後の水戸藩主)とコーヒーの逸話も紹介しておこう。昭武は藩主に就く前、慶応3年に将軍・慶喜の名代としてパリ万国博覧会へ出席のため、日本を出発した。

「フランス郵船で、現地まで50日近くを要した船旅でした。当時15歳の昭武は、船中では毎日、フランス料理を楽しみ、コーヒーを味わったと思われます。パリ到着直後とみられる3月1日付の日記に、『カフェという豆を煎じて砂糖と牛乳を加えた飲み物によって胸中が爽やかになった』という意味の感想を記しています。当時飲んだ多くの日本人が『焦げ臭い』『苦い』と感想を述べるなか、シェルブール海岸でもコーヒーを飲んでいます」(鈴木氏)

明治以降も兄弟仲はよく、お互いを訪問し合い、趣味の写真や油絵を楽しんだ。

■汽車便でコーヒーを手に入れた慶喜

明治26年、慶喜は自邸のコーヒーが底をついたので、東京千駄ヶ谷の出入り業者に頼み、汽車便を使って手に入れた。明治30年にもコーヒーを求め、小包で手に入れたという記録も残っている。(専門誌『珈琲と文化』2017年秋号。鈴木氏連載「産地直送紀行」より)

「何でも自分でやる性格は、慶喜公と慶朝さんは共通していました。慶喜公は当時の男性では珍しく、ご飯を炊き、豚肉を食べた記録が残っています。現代人の慶朝さんはケーキ、中華料理、シチュー、魚料理が得意。包丁は7本も所有していました」(鈴木氏)

慶喜の写真好きはよく知られており、慶朝氏はカメラマンだった。前述のように、コーヒー好きだった慶喜の一面も明らかになり、その遺伝子も慶朝氏に受け継がれている。ちなみに10月1日は「コーヒーの日」だった。慶朝氏はあの世で楽しまれただろうか。

----------

高井 尚之
経済ジャーナリスト・経営コンサルタント。
1962年名古屋市生まれ。日本実業出版社の編集者、花王情報作成部・企画ライターを経て2004年から現職。「現象の裏にある本質を描く」をモットーに、「企業経営」「ビジネス現場とヒト」をテーマにした企画・執筆多数。著書に『カフェと日本人』(講談社)、『「解」は己の中にあり』(同)、『セシルマクビー 感性の方程式』(日本実業出版社)、『なぜ「高くても売れる」のか』(文藝春秋)、『日本カフェ興亡記』(日本経済新聞出版社)、『花王「百年・愚直」のものづくり』(日経ビジネス人文庫)、『なぜ、コメダ珈琲店はいつも行列なのか?』(プレジデント社)などがある。10月下旬に『20年続く人気カフェづくりの本』(プレジデント社)を上梓予定。

----------

(経済ジャーナリスト 高井 尚之)