画像提供:マイナビニュース

写真拡大

Microsoftは2017年10月3日(以下すべて現地時間)、Windows Mixed Realityプラットフォームを拡充するため、米VR(仮想現実)系スタートアップのAltspaceVRを買収したことを、公式ブログで明らかにした。2013年に設立したAltspaceVRは、Samsung Gear VRプラットフォームに携わり、モバイルアプリ「VR Call」などを開発している。買収額などは定かではない。

2017年10月17日ローンチ予定のWindows 10 Fall Creators Updateでは、MR(複合現実)との連携を深めるため、Windows Mixed Realityプラットフォームを用意する。既にAcerやDell、HP、Lenovo製ヘッドセットが発表されているが、Microsoftは新たにSamsung製デバイス「Samsung HMD Odyssey」が加わることを明らかにした。

米Microsoft Storeでは各Windows Mixed Realityデバイスの予約注文を受け付けており、Windows 10 Fall Creators Updateローンチ予定日と同じ17日からのリリースを予定している。日本国内での展開は現時点で未定だ。

阿久津良和(Cactus)