今回の件を、「フジテレビが謝罪してよかった」で終わりにしていいのだろうか(撮影:今井康一)

先日、フジテレビ「とんねるずのみなさんのおかげでした」30周年記念のスペシャル番組で石橋貴明氏扮する「保毛尾田保毛男(ほもおだほもお)」が登場。これが物議を醸し、最終的にフジテレビの宮内正喜社長が謝罪するに至った。

筆者は都内の大学に通うゲイの大学生で、LGBTに関する啓発活動を行っている。LGBTをはじめ、性的マイノリティへの理解が進みつつある昨今、こうした差別的な表現が批判されるようになったことには、社会の変化を感じる。しかし、LGBTをはじめ、性の多様性への理解はまだまだ途中だからこそ、SNSで炎上する様子を見て、“ある違和感”も感じた。

保毛尾田保毛男登場からフジテレビ社長謝罪までの経緯

改めて経緯を振り返ってみる。番組中のコーナーで、約30年前に人気だったとされる、とんねるずのキャラクター「保毛尾田保毛男」と「ノリ子」が登場した。


かつての姿のまま、颯爽と登場した保毛尾田保毛男(写真:著者提供)

顔の下半分を青くぬり、頰をピンクに色付けしている保毛尾田らに対し、共に出演したビートたけしが「お前ら違う国に行ったら死刑だぞ」や「小学校の時、こういうオヤジが公園で待っていて、みんなで一緒に逃げた」と揶揄する。ノリ子(木梨憲武)が保毛尾田に対して「ホモなの?」と聞くと、保毛尾田が「ホモでなくて、あくまでもうわさなの」と返す……というのが一連の流れだった。

これに対して、Twitterを中心に批判が噴出。さらに保毛尾田を擁護する意見も多数寄せられ、いわゆる炎上に発展した。放送翌日の29日には、筆者も保毛尾田保毛男の登場を批判するブログを書いたが、非常に多くの人に読まれ、それに伴い賛成も反対もさまざまな意見が見られた。

その日のうちにLGBTの関連団体が「『ホモ』という単語は男性同性愛者に対する蔑称であるとともに、その存在⾃体を嘲笑の対象として表現することは、今なお⽇本社会に残る性的少数者への差別や偏⾒を助⻑する」とフジテレビに対して抗議し、夕方にはフジテレビ社長が「もしその時代が違っていて、不快な面をお持ちになった方がいたことは、テレビ局としては大変遺憾なこと」と謝罪するに至った。

「ホモ」は差別的な言葉だという認識は徐々に広がりつつあると思うが、男性同性愛者という存在自体や、その属性を笑いのネタとして扱うことは、同性愛者が「気持ち悪い」「嘲笑してもよい対象」だということを肯定してしまう。実際、当時このキャラクターの登場によって、学校で「保毛尾田保毛男」とあだ名をつけられ、いじめられたという人もいた。多くの当事者にとっては、自分は異常な存在なんだと思ってしまう要因の1つにもなってしまったのだ。

LGBTの総意ではない、けれど、痛かった人が上げた声

たとえ今回の放送にその意図がなかったとしても、こういった差別や偏見を助長してしまうおそれがあった。また、日本民間放送連盟 放送基準の第11章77には「性的少数者を扱う場合は、その人権に十分配慮する」と書いてあるが、そこに抵触するおそれもあった。

今回の件に対して上がった擁護側の意見として、「めんどくさいクレーマーが増えてテレビが面白くなくなってしまう」というものや、「デブやハゲといった他の属性についても言及しないのはなぜか」というようなものが多かった。

これらの意見についてはTBSラジオ「Session-22」で荻上チキさんがわかりやすく反論しているので、一部抜粋して紹介したい。

まず、「めんどくさいクレーマーが増えてテレビが面白くなくなってしまう」というものに対しては、「いま足を踏まれている人」を例に出して以下にように話した。

〈たとえば足を踏まれて「痛い! 踏むな!」って言った人に対して「言い方がよくない。『踏むな!』とは何か? めんどくさい言い方をするな!」っていうふうに言っているようなものだったりして。その、声を上げている人たちに対して「めんどくさい」と言えるのが、ある意味ですでに特権だったりするんですね。マジョリティ側の〉

また、「デブやハゲといった他の属性についても言及しないのか」というものに対しては、

〈当事者がいま(足を)踏まれていることに対して「痛い」と言った時に、「他の人も踏まれているんだから、他の人のために『痛い』と声は上げなかったの?」みたいなことを言っていて。「いや、いま自分が痛いんです。他のものも問題だとは思いますけど、踏むこと自体が問題だということを自分が声を上げることで学んでくれたらうれしいが、まずはいま、私を踏むことをやめてくれ!」って言うことは大事じゃないですか。
それに対して、「いや、他のことも言わないの?」って言うのは、これは同じく第三者目線というか。他人事として語れる特権から論じているものですよね〉

「私も同性愛者だが傷つかなかったし、むしろ保毛尾田保毛男を笑っていた。LGBTの総意みたいに批判しているほうがおかしい」という意見もあった。

当事者の中には、保毛尾田保毛男に対して傷つかなかったし、むしろ当時は笑っていた人も当然いただろう。もちろん今回、保毛尾田保毛男を批判していたのは、性的マイノリティ全員ではない。私自身もそうだが、当事者がホモネタを自分から笑いにできたりして、日常をサバイブできることがある。それ自体はいいことだ。

サバイブできた背景には、もちろんその人の努力や、物事をうまくしのぐ力があったのかもしれないし、たまたま環境がよかったのかもしれない。しかし、それは「自分は傷つかなかった。だからほかの人も声を上げるのをやめろ」と言う理由にはならない。

笑いにできない人もいるときに、環境によってその人の運命が決まってしまったり、その人の心の持ちようだとか、自己責任だと片づけられてしまうのはなかなかにしんどい。

今回の騒動には一定の効果があったが…

これまでもメディアによる差別的な表現に対して反対する声は上がっていたと思うが、なかなかそれはメディア側には届いていなかったように感じてきた。しかし、今回はLGBTもそうではない人も、さまざまな人が声を上げて、届いたという実感があった。

本来は、放送する前に制作関係者の中で誰かが気づいて止めてくれていたら、そうする仕組みがあったら、と思うが、とはいえ、今回こうして広く議論になり、最終的にフジテレビの社長が謝罪するに至ったことには一定の成果があったのではないか。

ここ数年で、LGBTという言葉が認知されるようになってきたが、理解が隅々まで広がっているかというと、当事者の1人としてまだまだだと感じる。

たとえば、比較的若い世代が見ているYouTubeで「ホモ」や「ゲイ」と検索してみると、同性愛という属性を笑いにした動画がまだまだ多く表示されている。飲み会では男性同士が仲良くしていると「お前らホモかよ」といじるというような場面に出くわすこともある。また、今回の騒動で保毛尾田保毛男を擁護する意見に連なるコメントには、「ホモ」「気持ち悪い」というような、明らかに差別的な言葉も多く見られた。

こうした現状がある中、困難な状況に置かれている人をさらに傷つけてしまう表現を減らしていくという意味でも、一連の騒動にはきっと効果があっただろう。

一方、「これでよいのだろうか」と、「何となくモヤモヤする」と思う人もいたはずだ。筆者自身もブログ等で議論を起こしておきながら、少なからず違和感を感じている。

SNSでさまざまな意見が寄せられたが、その先で傍観している多くの人にとって、この件はどう映ったのだろう。「自分には関係ない」とか、「物騒な感じでなんとなく怖い」とか「LGBTの話題は下手に触れないほうがいい」と思ってしまった人も、もしかしたらいたかもしれない。

「差別はいけないし、今回の保毛尾田保毛男もよくないのではと思う。しかし、ただ怒りをぶつけて、たたき合っているように見えると、ほかの方法はないのかと思ってしまう」というような意見には、少し同意する部分もある。本来はマイノリティ側にそこまで配慮させること自体が、差別の構造へ加担しているのではとも思うが。

ほかの事例で、たとえば2014年に筑波大学の学園祭で開催予定だった「芸バー」という企画に対し、抗議が集まり中止になったということがある。公共の放送であるテレビ番組と、学生の学園祭を比較するものではないかもしれないが、例として挙げてみる。

この企画では、女装した学生たちが露骨な下ネタなどで同性愛やトランスジェンダーを揶揄するもので、SNSを中心に批判が噴出。その後炎上し、中止に至った。しかし、その際、筑波大学にあったLGBTの学生サークルは騒動に巻き込まれ、芸バー擁護側からは「中止にさせた犯人だ」と責められ、反対側からも「いったい何をやっているんだ」と板挟み状態になってしまったという。大学側が対話の機会をつくることもなく、企画はただ中止になって終わってしまった。(SYNODOS記事:学園祭の「ホモネタ」企画を考える――「芸バー」炎上、何が起こっていたのか)

この芸バーの件も、今回の保毛尾田保毛男の件も、中止や謝罪して終わりというだけではまた同じ問題を繰り返す、もしくは、「腫れ物扱い」といった別の問題を引き起こす可能性がある。こうした問題の後、必要となってくるのは「対話をすること」、そして「よりよい表現物を増やす(もしくはそれができるように議論し、働きかけ続けること)」ではないか。

丁寧な対話と、よりよい表現を

多くの人は積極的に差別をしたいわけでなく、ただ「知らなかった」だけということはよくある。特にテレビは、不特定多数の人に情報を届ける影響力の強いメディアだからこそ、何か起きたときに問題がクローズアップされやすい。それだけに視聴者からの怒りや批判も集まりやすく、問題が起きれば即、撤回して終わり、ということになりがちだ。しかし、なぜその問題が起きてしまったのか、どこがダメだったのか。一過性の炎上事件に終わらせず、分析と対話を続けたい、続けてほしいと願う。

もう1つの「よりよい表現物を増やすこと」というのは、メディアの表現を通して、LGBTをはじめ、さまざまなセクシュアリティの人が世の中にいることを伝えていくことだ。それによって、世の中の人が持っている同性愛などに対する偏見や思い込みがなくなっていって、差別的な表現が次第に淘汰されていくというイメージだ。

実際に、昨今のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」や「地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子」などには、ゲイのキャラクターが自然と出てきたり、日本ではまだまだ少ないが、海外の映画やドラマでも、登場するキャラクターの1人がレズビアンやトランスジェンダーだったりということが増えてきている。そこで描かれる人物は、一人ひとり多様な個性の持ち主として、1人の人として描かれている。

日本のメディアでも、こういった登場人物がさらに当たり前に出てくるようになれば、しだいにだが、偏見は減っていくのではと思う。

今回の保毛尾田保毛男の件を通して、改めてさまざまな意見を見ることができた。LGBTを取り巻く社会の流れとして見ると、1つのターニングポイントになったのかもしれないが、議論はまだ始まったばかりともいえる。今回の件が「フジテレビが謝罪してよかった」で終わり、風化していくのではなく、丁寧な対話や、よりよい表現が増える1つのステップになることを願う。