うんこ漢字ドリル

写真拡大 (全4枚)

日本デザイン振興会は4日、2017年度のグッドデザイン賞の受賞結果を発表した。

今年のグッドデザイン賞には、過去最多となる4495件のデザインが応募。82名の審査委員が約5か月かけて審査し、暮らしや産業、社会の質を向上させる1403件の受賞デザインを選定した。また、その中で、特に高い評価を得た「グッドデザイン・ベスト100」も発表。製品や建築デザインはもちろん、社会や地域での取り組みのデザインなども選ばれた。

2017年を代表するデザインである大賞候補は7作品。漢字を「うんこ」という言葉を使って覚える「うんこ漢字ドリル」、サクソフォンのような吹き心地と豊かな表現力を楽しめるヤマハの新しい管楽器「Venova」、JR東日本のクルーズトレイン「TRAIN SUITE 四季島」、東日本大震災後に建てられた陸前高田市立高田東中学校などが選定された。

グッドデザイン大賞は、10月4日から28日まで東京千代田区の「GOOD DESIGN Marunouchi」で開催される「みんなで選ぶグッドデザイン大賞」での一般来場者や審査員等の投票によって決定する。