セルヒオ・アグエロは6週間離脱か

写真拡大

 マンチェスター・シティのアルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロが、肋骨骨折により約6週間離脱する可能性が浮上した。英『スカイ・スポーツ』が報じている。

 アグエロは先週、オランダのアムステルダムで乗車していたタクシーが交通事故を起こし、肋骨を骨折。アルゼンチン代表のチームドクターであるドナト・ビラーニ氏は、「彼は非常に落ち込んでいる。彼は代表チームでのプレーを熱望していたからね」と現状を明かしつつ、「最低でも1か月半離脱するだろう」との見解を示している。

 アグエロは今季プレミアリーグで6試合に出場し、6ゴールを記録。マンチェスター・シティの歴代最多得点記録まであと1点に迫っていた。


●プレミアリーグ2017-18特集