レブロン・ジェームズ【写真:Getty Images】

写真拡大

ファン、選手、メディアの投票で24人を選び、最多得票の主将がメンバーをセレクト

 世界最高峰のバスケットボールリーグであるNBAは3日(日本時間4日)、オールスターゲームのフォーマット改訂を発表した。これまではイースタン・カンファレンス、ウエスタン・カンファレンスと東西に分かれて投票で先発5人が選ばれ、ヘッドコーチ投票でリザーブメンバーを選出していたが、来年2月18日(同19日)に行われるロサンゼルス大会では、東西の最多得票選手がキャプテンとなり、出場権を得た選手を指名する方式を導入するという。

 NBAオールスターは、1951年に第1回が行われ、以降ロックアウトのため中止となった1999年を除いて、毎年“年に一度の祭典”として開催されてきた。1974-75シーズンからファン投票制が導入されたが、昨季は投票システムを一部変更。試合の重要な構成要素である選手とメディアを含む投票プラットフォームを拡張し、ファンが全体の50%、全現役選手と投票権を持つメディアがそれぞれ25%の配分に設定された。

 そして、10月17日(日本時間18日)に開幕する2017-18シーズンには、さらなる改革に着手。ファン、選手、メディアの投票で全24選手を選んだのち、各カンファレンスで最多得票を得た選手がキャプテンとなり、所属地区に関係なく選手をセレクトしてオリジナルのチームを作っていく形となる(ヘッドコーチ選出に変更はなく、各カンファレンス最高勝率が対象)。

“バスケの神様”ジョーダンと選手会代表のポールが今回の変更に大きく関与

 今回の変更はNBAと選手会の話し合いを経て決定。米スポーツ専門局「ESPN」によると、リーグ側ではシャーロット・ホーネッツのオーナーを務める“バスケの神様”マイケル・ジョーダン氏が大きく関与したが、特に選手会の代表であるクリス・ポール(ヒューストン・ロケッツ)の意によるところが大きいという。

 ポールはリーグを通じ、「オールスターをより良いものにするために、リーグと選手会が決定したことに興奮している。LAでエンターテイメントショーを実施することを待ち望んでいる」との談話を発表した。

 キャプテンが選手を指名していく方式だけに、記事では「選出にあたり、これまで、そしてこれからの選手間の関係値が左右することになるだろう」と予測している。果たして、新方式で行われるオールスターを戦うチームはどのような顔ぶれになるのだろうか。