前バルセロナ指揮官のルイス・エンリケ氏【写真:Getty Images】

写真拡大

 バイエルン・ミュンヘンでは新指揮官候補として、新たにルイス・エンリケ氏の名前がリストアップされているようだ。ドイツ紙『Sport1』が伝えた。

 バイエルンは先月28日、前指揮官のカルロ・アンチェロッティ監督を解任。代役として現在はウィリー・サニョル氏を暫定監督としているが、その傍ら新たな指揮官の捜索にも努めている。

 今回新たなターゲットとなっているエンリケ氏は、2014~2017年の3年間バルセロナを率いており、就任シーズンには3冠を獲得するなどクラブに多くのタイトルをもたした実力ある監督として知られている。現在はどのチームも率いておらず、フリーの状態となっている。

 クラブ側は交渉のため、現地時間4日には同氏との面会を予定しているようで、それ次第でバイエルンの新指揮官探しは急速な展開を迎えるかもしれない。

 また、エンリケ氏が新指揮官候補となっている理由の一つとして、現在マンチェスター・シティの監督を務めるジョゼップ・グアルディオラ監督の存在も大きいようだ。エンリケ氏は、バルセロナ、バイエルンで魅力的なフットボールを体現しながら輝かしい成績を収めた同監督の跡を追うことになるのだろうか。

text by 編集部