スペイン代表のジェラール・ピケ(左)とセルヒオ・ラモス(右)【写真:Getty Images】

写真拡大

 カタルーニャ住民投票を巡り、スペイン代表のジェラール・ピケとセルヒオ・ラモスの関係が悪化していると、同国代表のMFセルヒオ・ブスケッツが明かした。3日にスペイン紙『マルカ』が報じている。

 バルセロナが地元であり、下部組織時代からバルサでプレーしているピケは現地時間1日に行われたカタルーニャ住民投票に参加した。自身のツイッターで投票する様子を公開し、カタルーニャ語で「僕はすでに投票した。僕たちは一緒になって、民主主義を擁護する」と住民投票に賛成の意思を示している。それが発端となり、スペイン代表の練習中に見物客がピケに対して「このくそ野郎が。スペインはお前の国じゃないのか。出て行け、出て行け」と罵声を浴びせた。

 ただ、問題はこれだけではないようだ。ブスケッツがピケについて言及し「スペイン代表はこれまでで一番難しい状況に直面している。ピケの問題を整理することは困難だろう。現時点でピケの問題に関するミーティングは開かれていない。ピケとラモスが会話したのかどうかもわからないが、通常の状態ではない。まぁ、ピケに関してはいつも通りに見えるけどね」とコメントしている。

 ピケとラモスは、これまでSNSやメディアを通して非難し合ってきた。マドリーが出場停止の選手を国王杯で起用し敗退になった時にはピケが絵文字を使って皮肉ツイート。また、ピケがカタルーニャ州独立に関する政治的発言をした時にはラモスが釘をさすコメントをしている。仲の悪さは誰もが知るところではあるものの、今回はより険悪なムードになっているようだ。

text by 編集部