「世界一のクリスマスツリー」神戸に出現 - 富山から届く、約30m“あすなろの木”が世界一輝く木に

写真拡大

 神戸開港150年記念「めざせ!世界一のクリスマスツリープロジェクト」が始動する。

「めざせ!世界一のクリスマスツリープロジェクト」は、アメリカをはじめ世界中で報道される、有名なニューヨーク・ロックフェラーセンターの巨大クリスマスツリーよりも大きな、世界一の高さとなる生木のクリスマスツリーを運び、神戸のメリケンパークに立てるプロジェクト。神戸開港150年記念事業の関連事業の一環として行われる。

2017年10月中旬に、あすなろの木が見つかった富山県氷見市で掘り採り作業を開始。その後、あすなろの木は、新幹線やロケット輸送で用いられる特殊車両と大型船によって、富山県伏木富山港を出航後、日本海から瀬戸内海を経て神戸まで1,000km以上の距離を移動する。

その長い道のりを経て、11月17日(金)には、船から直接巨大クレーンであすなろの木をメリケンパークにて植え込む「植樹式」、12月2日(土)にはオープニングセレモニー、そして12月26日(火)までのイベント期間中は、クリスマスマーケットや飲食店の出店や、音楽イベントを予定している。

なお、同イベントを率いるのは、プラントハンター西畠清順。彼はこれまでにも代々木VILLAGEのプロデュースや、「桜を見上げよう。 sakura project」など数多くのイベントを手掛けてきた。巨木の里、富山県氷見市で見つかった推定樹齢150年、全長約30メートル、推定重量40トンの「あすなろの木」が、彼の手によって世界一輝く、夢と希望に満ちあふれた象徴の木として変貌を遂げる。その日が今から待ち遠しい。

【詳細】
「めざせ!世界一のクリスマスツリープロジェクト」
植樹式:2017年11月17日(金)
オープニングセレモニー:12月2日(土)
イベント期間:2017年12月1日(金)〜2017年12月26日(火)
場所:神戸メリケンパーク
住所:兵庫県神戸市中央区波止場町2
※イベントの詳細は後日発表。


[写真付きで読む]「世界一のクリスマスツリー」神戸に出現 - 富山から届く、約30m“あすなろの木”が世界一輝く木に

外部サイト

  • 東京マリオットホテルからクリスマスケーキ発売、濃厚な味わいと爽やかな果実のハーモニー
  • 京都嵐山の法輪寺で「宙フェス」屋形船から見上げる渡月橋と月、アートなオブジェと星空のコラボ
  • 「ミッドタウン・クリスマス 2017」六本木で - 宇宙空間のようなイルミネーションが芝生広場に出現