熱狂的なサッカーファンとして知られるテニス界のスター、アンディ・マレー

写真拡大

 熱狂的なサッカーファンとして知られるテニス界のスター、アンディ・マレーが2016-17シーズンのベストイレブンを選出した。国際サッカー連盟(FIFA)の公式サイトが伝えている。

 過去にテニスとサッカーの両方をプレーしていたというマレー。両方を続けることは困難と感じて選択したテニスでは、2012年に4大国際大会の一つである全米オープンを初制覇するなど活躍。昨年11月に自身初の世界ランキング1位に上り詰め、名実ともに世界ナンバーワンのテニスプレイヤーとなった。

 以前も『タイムズ』に対して、サッカーに関心があると話していたマレーは、「サッカーについての記事を読んだり話したり、実際に試合を観たりするのが大好きなんだ。もしテニスに満足して別のことをやりたくなったら、サッカーで何かやれることはないか探すかもしれないね」と、引退後にサッカーに関わる仕事に就く可能性を示唆した。

 また。実在の選手で“仮想チーム”を編成し、 その選手の実際のプレーに連動して楽しめるスポーツゲーム『ファンタジーフットボール』が大好きなようで、「監督をやりたくなるかもしれないね。とはいえ、現実でそれをやるには話がまったく違ってくるけどね。みんなが思っている以上に簡単ではないはずだから」と監督志望であることを明かした。

 8月にFIFAから2016-17シーズン最優秀選手候補24選手が発表されたが、マレーは「1位はクリスティアーノ・ロナウドじゃないとおかしい。彼はレアルのリーガ・エスパニョーラとチャンピオンズリーグ制覇に貢献したからね」とコメント。個人的に選出した2016-17シーズンのベストイレブンにC・ロナウドのほか、レアル・マドリーから最多5選手を選んだ。マレー選出のベストイレブンは以下の通り。

▽GK

ジャンルイジ・ブッフォン(ユベントス)

▽DF

ダニエウ・アウベス(ユベントス→パリSG)

セルヒオ・ラモス(R・マドリー)

ジョルジョ・キエッリーニ(ユベントス)

マルセロ(R・マドリー)

▽MF

エンゴロ・カンテ(チェルシー)

トニ・クロース(R・マドリー)

ルカ・モドリッチ(R・マドリー)

▽FW

パウロ・ディバラ(ユベントス)

クリスティアーノ・ロナウド(R・マドリー)

リオネル・メッシ(バルセロナ)


●リーガ・エスパニョーラ2017-18特集