アレキサンダー・ワン

写真拡大

 アレキサンダー・ワン(Alexander Wang)が、自身がクリエーティブディレクターを務めるブランド「アレキサンダー ワン(Alexander Wang)」のCEOを退任した。
 アレキサンダー・ワンは昨年6月、CEOとチェアマンに就任。今後はチェアマン兼クリエーティブディレクターとしてブランドに関わっていく。
 新CEOには、女優のグウィネス・パルトローが運営するライフスタイルメディア「Goop」出身のLisa Gershが就任。また、新設のチーフ・ストラテジー・オフィサーには、元「ファーフェッチ(Farfetch)」CMOのStephanie Hortonを起用。グローバル展開の拡大や戦略的意思決定を行う。
 アレキサンダー・ワンは自身のCEO退任について「急速に変化する小売業界では、現状に満足せず新しい事に挑戦し続けることが必要。CEOを務めた1年間、会社のさらなる成長のための基盤を築くことができた」と振り返り、2人の起用について「彼女たちのメディア、ライフスタイル、デジタル業界における豊かなバックグラウンドは、さらなる事業拡大に貢献するだろう」と話している。