レアル・マドリーのFWガレス・ベイル【写真:Getty Images】

写真拡大

 現在レアル・マドリーでは、ガレス・ベイル、カリム・ベンゼマ、クリスティアーノ・ロナウドの3人で構成されるBBCトリオが影を潜めている。

 2013年にベイルがレアル・マドリーに加入して以降欧州を席巻したBBCトリオは、ここ半年の間姿を見せることができていない。

 今年4月に行われたバルセロナとのクラシコでのベイルの負傷をきっかけに始まったBBCの不在は、その後、スペインスーパーカップでのロナウドへの5試合の出場停止処分やベンゼマの負傷離脱がうまく重なってしまったことにより、長期のものとなった。さらに、現在ベイルが新たに左ふくらはぎの負傷で離脱していることを考えると、約半年の間チーム随一の最強トリオを起用することができないこととなる。

 しかし、データはそれほどネガティブな要素を示していない。BBCのうちだれか一人が欠けることで出場機会を増やしたMFイスコやMFマルコ・アセンシオの活躍もあり、マドリーは素晴らしい結果を収めている。

 マドリーは、BBC不在の5ヶ月間で56ゴール(1試合平均2.66)、失点17(1試合平均0.8)というデータを残している。その間17勝2分け2敗の成績で4つのタイトルを獲得したという事実もBBC不在のポジティブな面を表している。

text by 編集部